リンクDEダイエット 栄養のひろば


食事 スポーツ栄養  栄養調査 研究紹介 健康食品

白米の栄養価を高める方法を豪州の研究者が開発 (* 原文はこちら *)

2016.6.10  EurekAlertより

白米の栄養価を高める処理条件が明らかになった、という豪州チャールズスタート大学からの研究報告。世界人口の3分の1以上が白米を主食とするので、数十億人の慢性的な栄養不良への対策が、一歩前進したことになるという。 米を精米する前に、粒を湯通ししておくと、必須微量栄養素を保持できることが知られているが、研究チームは、豪州のシンクロトロンを使用して、湯通しの技術を比較した。高めの温度で長めに湯通しする過程で、より多くの微量栄養素が、外側のもみ殻から、穀物の芯のでんぷん質に移行することがわかったという。 シンクロトロンを用いたX線蛍光顕微鏡のビームラインにより、米粒の内部構造に損傷を与えずに、サブミクロンの解像度レベルで栄養素の拡散を正確に追跡できる、とピーター・トーレイ博士は述べている。「我々の実験で、90℃の湯に湯通ししてから蒸すと、最も効果的に栄養素を保持できることが実証された。」 精米では、鉄、マンガン、カリウム、亜鉛といった栄養素のほとんどを含む外側のもみ殻を取り除く。米粒を乾燥させて精米してつくられた白米は、東南アジアなど、世界のいくつかの地域で、人々の総カロリー摂取量の80%までをも供給している。 20億人以上、つまり世界人口の30%が鉄欠乏に苦しんでおり、子供の精神発達が乏しいこと、免疫機能の低下、貧血などの症状があるという。 微量栄養素の欠乏に対処するための研究が世界中で行われているので、この発見は、米の生産にとって重要な意味をもつ、と筆頭著者のプラカシュ・オリは語っている。 「米の処理を改善することが、広範囲の栄養不良に対して我々が研究している2つの対策の1つめである。そして、2つめの対策は、成長過程や浸水過程で穀物の芯に、より多くの鉄やその他の重要な栄養ミネラルが含まれるように、米の品種の微調整を必要とする。これにより、白米の血糖指数(GI)も低下できる。 ローラ・パラス博士は、世界の米の処理と食習慣を変えることは、膨大な作業であると述べている。様々な文化ごとに、期待されたかたさや味があり、湯通しには、小さな自作農場から大規模な工業プラントに至るまでの様々な方法があるからである。 「米は、世界で最も身近な食糧であり、グルテンフリーで複合糖質の良い供給源である。白米のかるくてふわふわした食感と、茶色の着色米の品種から微量栄養素の含有量を高めにして組合せることができれば、世界中の人々が本当に食べたいと思うお米になるはずである。」

出典は『LWT食品科学技術


■関連ニュース

 ●妊娠中の加糖飲料は子の認知機能を悪くするかも 2018.4.26  EurekAlertより

 ●座り過ぎは代謝だけでなく脳にも悪影響? 2018.4.26  EurekAlertより

 ●研究は運動と食欲不振の関係を説明している 2018.4.26  EurekAlertより

 ●アルコール摂取は月経前症候群と関連?! 2018.4.26  EurekAlertより

 ●胎児期のカフェイン曝露が肥満の原因? 2018.4.26  EurekAlertより

 ●地中海型食生活は本当に加齢を食い止めるのか? 2018.4.24  EurekAlertより

 ●「臨床家のための栄養ガイド」(無料)は100の病状をカバーするアプリです 2018.4.24  EurekAlertより

 ●ビタミンDは心臓発作後の心不全の予防に役立ちます 2018.4.24  EurekAlertより

 ●唾液たんぱく質が旅行者下痢症防止に役立っている? 2018.4.24  EurekAlertより

 ●鉄サプリの一部、がん発症と関連のおそれ 2018.4.23  EurekAlertより

 ●西洋型食生活は、動脈保護免疫細胞を枯渇させる 2018.4.23  EurekAlertより

 ●赤肉の摂取は非アルコール性脂肪肝疾患のリスクを高める? 2018.4.23  EurekAlertより

 ●貧血の妊婦は出産前後の死亡リスクが倍増 2018.4.23  EurekAlertより

 ●母親の食事と男性ホルモンが子孫に影響する? 2018.4.23  EurekAlertより

 ●心臓病の家族がいるなら、運動は最良の予防策かも 2018.4.20  EurekAlertより

 ●骨折予防とビタミンD、カルシウム 2018.4.19  EurekAlertより

 ●1日3杯のコーヒー摂取は安全で保護的作用がある?! 2018.4.17  EurekAlertより

 ●朝食時間が遅めの2型糖尿病患者は、高BMI傾向?! 2018.4.17  EurekAlertより

 ●人工甘味料スクラロースはクローン病を悪化させる? 2018.4.17  EurekAlertより

 ●前糖尿病患者は心血管疾患および慢性腎疾患のリスクが高い 2018.4.17  EurekAlertより

 ●液体を飲むとき脳内でなにが起きているか 2018.4.16  EurekAlertより

 ●フッ化物摂取の現行ガイドラインは適切か? 2018.4.16  EurekAlertより

 ●オメガ-3系脂肪酸はドライアイに有効でない 2018.4.16  EurekAlertより

 ●飲み過ぎの隠れた健康コスト 2018.4.13  EurekAlertより

 ●持続的でも散発的でも運動は死亡リスクの減少をもたらす 2018.4.12  EurekAlertより

 ●貧しい母親は子供の体重により厳しい検査を受ける 2018.4.12  EurekAlertより

 ●厳密な摂食管理がハンティングトン病たんぱく質を低下 2018.4.12  EurekAlertより

 ●激辛トウガラシが起こした雷鳴頭痛の症例 2018.4.12  EurekAlertより

 ●パスタは健康的な食事?! 2018.4.11  EurekAlertより

 ●ASD児の摂食障害に取り組む 2018.4.12  EurekAlertより

リンクDEダイエットアーカイブ
健康栄養サイト検索
 生活習慣病高血圧肥満
高脂血症糖尿病痛風
母乳栄養未熟児


解説論文集

運動はDNA損傷を惹起するか?

高脂肪食とインスリン抵抗性  [PDF版はこちら]

活性酸素・フリーラジカルの消去と日本型食生活

高コレステロール血症の改善、虚血性心疾患および糖尿病の予防のための食物繊維の適正摂取量  [PDF版はこちら]

良好なビタミンE栄養状態の保持のためには魚油カプセル中にどの位の量のビタミンEが必要か  [PDF版はこちら]

高校生女子における減量行動と背景因子に関する研究

生体における無機質の生理学的および病態生理学的特性

栄養学研究におけるWWWの有用性について(99年版)

先進諸国におけるITを用いた学習方法の検討

体脂肪計   [PDF版はこちら]

リウマチ熱と栄養 −発展途上国におけるリウマチ性心疾患の制圧のために− /

リンクDEダイエット


  (C)All Copyrights reserved 1998-2003 National Institute of Health and Nutrition