リンクDEダイエット 栄養のひろば


食事 スポーツ栄養  栄養調査 研究紹介 健康食品

エンケファリンのレベルが低い中年女性は乳がんになるリスクが高い (* 原文はこちら *)

2016.3.10  EurekAlertより

血中のエンケファリンのレベルが低い中年女性は乳がんになるリスクが高い、というスウェーデン・スコーネ大学病院とルンド大学からの報告。動物実験では類似の報告があるが、ヒトの研究では初めての報告であるという。

この研究は、内因性オピオイド“エンケファリン”に焦点を当てている。乳がんを発症する潜在的な新規マーカーとして有望であるという新しい知見が見出されたという。

エンケファリンは鎮痛や抗ストレス作用を有する血中に循環する安定なペプチドである。その作用は、直接免疫系に作用することで免疫介在性腫瘍防御を強化するだけでなく、がん細胞を直接阻害することによって乳がんの発生の負の調節因子として関与しているらしい。

「乳がんにおけるエンケファリンの役割をヒトにおいて研究した初めての研究であり、その結果は驚くほどクリアだった。これまで知られているバイオマーカーの中でがんリスクと最も強い相関をもつもののひとつであった」と研究者らは語っている。

研究は、約1,900名の健康な女性から採取した血液サンプルに基づいて、平均約15年の乳がんの発生率について追跡調査した。対象女性の平均年齢は、57歳であった。解析においては、乳がんのリスクに影響を与える年齢、閉経、ホルモン治療、喫煙および他の要因が調整された。

解析の結果、エンケファリンのレベルが低い中年女性は乳がんになるリスクが高いということが判明した。エンケファリンが低レベルの女性では、高レベルの女性に比べて乳がんのリスクが3倍以上だったという。

今回の研究で低レベルなエンケファリン濃度と乳がんリスクの増加との間に統計的に有意な相関関係を確認したが、ホルモンの低レベルは、直接腫瘍発生に影響を与えることを示す因果関係が存在するかどうかは現段階では、明らかとなっていないことを研究者らは指摘している。

一方、対象女性より平均年齢の高いグループでの対照研究により、低レベルホルモンと乳がんとの関連がさらに強まる結果となった。他の研究者による動物実験でも同様の示唆が得られている。これらの研究を総合した結果、エンケファリンが直接腫瘍の阻害効果を有するだけでなく、がん細胞に対する免疫系の活性化を強化するという結論に至ったと研究者らは述べている。

ルンド大学の研究者らは、さらなる研究を引き続き行い、将来的には乳がんの早期発見が容易となることを切望している。今後、それぞれの女性のニーズに基づいて、予防治療を目的としたライフスタイルの介入、個別のリスク評価と治療に向けた開発も可能となるかもしれない。

出典は『臨床腫瘍学雑誌


■関連ニュース

 ●長寿の準備:フレイルは遅らせることができる 2017.8.17  EurekAlertより

 ●アルツハイマー病予防のための個別化アプローチ 2017.8.17  EurekAlertより

 ●中年期の心血管リスク因子が認知症の可能性を高めるかも 2017.8.17  EurekAlertより

 ●病気の傾向がある人と健康な人の“違いを見つける” 2017.8.17  EurekAlertより

 ●高たんぱく食、腸の炎症を抑える可能性 2017.8.16  EurekAlertより

 ●レジスタンストレーニングで多発性硬化症の進行抑制 2017.8.16  EurekAlertより

 ●認知症の3分の1は予防可能:非医療的アプローチが理想 2017.8.16  EurekAlertより

 ●人々にとってスマートフォンが持つ意味 2017.8.17  EurekAlertより

 ●唐辛子の抽出物の補給が代謝率を高める 2017.8.15  EurekAlertより

 ●退役軍人の腰痛解消にヨガを 2017.8.15  EurekAlertより

 ●タマネギが私たちを泣かせるメカニズム? 2017.8.15  EurekAlertより

 ●嗅覚の喪失は腎疾患患者の栄養不良に寄与するかも 2017.8.15  EurekAlertより

 ●肥満者はフルクトースを減らせば健康になれる? 2017.8.15  EurekAlertより

 ●栄養不良に対抗するマルチ栄養ライスを開発 2017.8.15  EurekAlertより

 ●材料に依存しないナノコーティング抗菌スプレーは、製品の貯蔵寿命を延ばす 2017.8.17  EurekAlertより

 ●アーモンドがコレステロールの掃除に役立つ 2017.8.17  EurekAlertより

 ●入院患者の栄養不良を改善すると1人当たり3,800ドルの節約になる 2017.8.16  EurekAlertより

 ●健康な食事は南アジアの女性の妊娠糖尿病リスクを低下させる可能性がある 2017.8.16  EurekAlertより

 ●天然保存料の利用が増えている 2017.8.14  EurekAlertより

 ●食事制限はオートファジーを動かして寿命を延ばすのかもしれない 2017.8.14  EurekAlertより

 ●子供はどのようにお菓子を選択しているか 2017.8.14  EurekAlertより

 ●肥満と戦うための新たな戦略 2017.8.14  EurekAlertより

 ●若い頃の運動の効果は長続きする 2017.8.18  EurekAlertより

 ●米国で脳卒中の罹患率が下がっているのは男性だけ? 2017.8.16  EurekAlertより

 ●味覚受容体はどうやって正しいニューロンと接続するのか? 2017.8.14  EurekAlertより

 ●ストライドは自然のままで 2017.8.9  EurekAlertより

 ●ダイエットのために人工甘味料を摂るのは逆効果かも 2017.8.9  EurekAlertより

 ●寿命を短くする16の遺伝子マーカー 2017.8.9  EurekAlertより

 ●身体活動はがん予後患者の疲労感、認知的減退に有効かもしれない 2017.8.9  EurekAlertより

 ●ファストフード店へのアクセス制限をしても肥満は軽減されない?! 2017.8.9  EurekAlertより

リンクDEダイエットアーカイブ
健康栄養サイト検索
 生活習慣病高血圧肥満
高脂血症糖尿病痛風
母乳栄養未熟児


解説論文集

運動はDNA損傷を惹起するか?

高脂肪食とインスリン抵抗性  [PDF版はこちら]

活性酸素・フリーラジカルの消去と日本型食生活

高コレステロール血症の改善、虚血性心疾患および糖尿病の予防のための食物繊維の適正摂取量  [PDF版はこちら]

良好なビタミンE栄養状態の保持のためには魚油カプセル中にどの位の量のビタミンEが必要か  [PDF版はこちら]

高校生女子における減量行動と背景因子に関する研究

生体における無機質の生理学的および病態生理学的特性

栄養学研究におけるWWWの有用性について(99年版)

先進諸国におけるITを用いた学習方法の検討

体脂肪計   [PDF版はこちら]

リウマチ熱と栄養 −発展途上国におけるリウマチ性心疾患の制圧のために− /

リンクDEダイエット


  (C)All Copyrights reserved 1998-2003 National Institute of Health and Nutrition