リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  ストレッチが衰えた筋肉を改善する?
2018.5.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

日々のストレッチングは、可動性が低下している高齢者に健康利益をもたらすかもしれない、という電気通信大学と米国フロリダ州立大学などによる動物実験の報告。

運動の有益性は良く知られているにも関わらず、高齢者は、いつでも容易とはいえないトレーニングを嫌って、定期的な運動プログラムに参加しないことが多い。特に、可動性が低下しており、筋力が低下している場合にはなおさらその傾向が高いという。

筋肉のストレッチングはウォームアップやクールダウンのために広く実施されており、有酸素運動に比べて低強度である。それゆえ極めて広範囲の高齢者がほとんど傷害リスクなしにそれを行うことが可能である。

研究チームは、高齢ラットを用いた動物実験において、定期的な筋肉ストレッチングを週5回4週間にわたって実施することが、下肢の筋肉の血流を上昇させることを発見した。また定期的なストレッチングが下肢の筋肉中の動脈機能を改善し、毛細血管の数を増加させることを発見した。

これは可動性が低下した高齢者が、定期的なストレッチングによって筋肉への血流を改善できることを示唆しているという。これは特に歩行が困難な高齢者に意義があるだろう。加えて、末梢動脈疾患の患者や糖尿病などで脚部に障害のある患者にも有効であるだろう。

出典は『生理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  COVID-19の身体活動への世界的な影響:記述的研究  
  「ステイホームでも、じっとしない」  
  大きなモビリティ障害を防ぐために動き続ける  
  定期的な身体活動はフレイルを改善できる?  
  口腔衛生はトップアスリートの成績向上に役立つ  
  身体活動で毎年約390万人の早死が防がれている  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報