リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  より有害なカロリー源とは
2018.5.16 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

同じカロリーでも、他の食品に比べて肥満や心血管疾患、2型糖尿病といった慢性疾患のリスクを高める食品と低くする食品があるという。リスクを高めるのは加糖飲料であり、しかも、体重増につながらない程度の摂取量を守っていてもリスク増につながるとのことだ。米国カリフォルニア大学が複数の研究を統合して解析した結果から。

加糖飲料が同カロリーのでんぷんと比較して心臓代謝リスク因子を増加させることが明らかになった一方で、人工甘味料のアスパルテームは体重増加を促進しないことがわかったという。アスパルテームは脂肪を増やすとの説が一部で広まっていることから考えると、驚く人もいるかもしれない、と研究者は話している。しかし簡単に言うと、ノンカロリー甘味料が体重を増加させたというヒト試験はないのだという。

ちなみに、飽和脂肪に比べて多価不飽和脂肪酸のn-6系脂肪酸は、疾患リスクを低下させる食品として挙げられている。ただし、飽和脂肪が比較的多く含まれるチーズやヨーグルト等の乳製品も心血管代謝リスクの低下と関連しているという。

様々な栄養問題に対する正しい答えを得るにはまだ長い道のりがあるが、典型的な西欧式食に比べると、精製度の低い穀物、果物、野菜、ヘルシーな油脂から成る食事が健康を増進させるということに異論はないだろう、と研究者は話している。

出典は『肥満学レビュー』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  より多くの魚を食べるとパーキンソン病を予防できる?  
  ダークチョコレートを食べると視力が改善?  
  アントシアニンはサーチュイン酵素を活性化する?  
  カカオ豆の焙煎は健康効果を高めることができる  
  喫煙者の食事は非喫煙者よりも良くない傾向  
  乳製品を多く摂る中年男性は骨密度・背骨強度が高い  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報