リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  離乳食のたんぱく源、肉中心だとスリムで身長高めに
2018.5.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

離乳食の内容は子どもの発育にどう影響するのだろうか? 米国コロラド大学の研究で、粉ミルクで育てられていた赤ちゃんを対象に、離乳食のたんぱく源が肉中心だった子と乳製品中心だった子の体格を1歳時点で比較した。すると、肉中心だった子の方が細身で身長が高めになる傾向があることが発見された。

この研究では、粉ミルクで育てられている月齢3〜5か月の赤ちゃん64人をランダムに2群に分け、粉ミルクに加えて離乳食として果物、野菜、乳児用シリアルの他、たんぱく源としては乳製品中心と肉中心のいずれかを摂ってもらった。

「母乳栄養が基本であるべきといえど、米国の乳児は大多数が粉ミルクで育てられています。しかし粉ミルク児を対象とした研究は限られているのです。私たちは、たんぱく質の供給源が発育を制御する上で重要な役割を持つ可能性を発見しました。たんぱく源を肉中心とした乳児は、乳製品中心の乳児と比べて体重は同程度だったものの、身長はより高かったのです」と、研究を率いたタン准教授は話している。

粉ミルクで育つ乳児に与えられた離乳食の、たんぱく源の違いによる発育への影響を調べた研究としては、おそらくこれが初めてのものだ。

なお、この研究で使用された乳製品は乳児用ヨーグルト、チーズ、乳清濃縮物の粉末であり、肉は市販のピューレ状肉とした。乳児の発育状態の把握のために、身長、体重、頭位を月齢5〜12か月まで計測したほか、試験開始時と終了後に血液採取を行った。

ちなみに乳製品群、肉群のいずれも総摂取エネルギー、たんぱく質、脂質は同程度であったため、たんぱく源は栄養摂取量に影響を及ぼさないものと考えられる。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  妊娠中の魚摂取は自閉症に関連しない!?  
  妊娠中の加糖飲料は子の認知機能を悪くするかも  
  胎児期のカフェイン曝露が肥満の原因?  
  母親の食事と男性ホルモンが子孫に影響する?  
  貧しい母親は子供の体重により厳しい検査を受ける  
  ASD児の摂食障害に取り組む  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報