リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  暖房用・調理用の固体燃料の使用は、死亡リスク増加と関連?!
2018.5.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

暖房用・調理用の固体燃料の使用は、死亡リスク増加と関連するようだ、という中国・華中科技大学等からの報告。

屋内で燃焼すると、固体燃料は、微粒状物質のような大量の汚染物質を生成する。そこで、調理・暖房用での固体燃料使用と心血管疾患、全死因死亡との関連を調査したという。

研究では、2004年6月から2008年7月、中国の5つの農村部から研究登録時に心血管疾患ではない成人271,217人が集められた。自己申告により、調理と暖房用燃料(石炭、木材、木炭、ガス、電気、セントラルヒーティング)、研究前の燃料の種類の切り替え、換気付き調理用コンロの使用を調査した。2014年1月までフォローアップし、心血管疾患からの死亡、全死因死亡を調査した。

結果は、中国農村部で、調理と暖房用として、石炭、木材、木炭の使用は、死亡リスク上昇と関連したという。一方、固体燃料からガス、電気、セントラルヒーティングへの切り替え、換気使用では、リスクは減少した。

出典は『米国医学会誌(JAMA)』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  24時間の断食、幹細胞の再生能力を劇的に改善  
  遺伝学的研究に「エピ」を忘れないで!  
  脳が不健康な食べ物を渇望する  
  トイレの水:実際はどんな味がするのだろうか?  
  食物の浪費:最大の損失は、あなたの選択が原因  
  液体を飲むとき脳内でなにが起きているか  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報