リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  n-6系脂肪酸は、死亡のリスクを低下させるかも
2018.5.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

血中のn-6系脂肪酸値の高さと死亡リスクの低下には関連があったという、東フィンランド大学からの研究報告。

n-6系脂肪酸の中でも最もなじみ深いリノール酸の摂取は、コレステロール値や、循環器疾患の予防に関連することが広く知られている。しかし、死亡との関連については、これまではっきりしていなかった。

本研究では、1984年から1989年にベースライン調査を行い、当時42-60歳であった対象者を平均22.4年追跡した。

そして、対象者をベースライン時点の血中n-6系脂肪酸(リノール酸・アラキドン酸・γ-リノレン酸・ジホモ-γ-リノレン酸)濃度の高さによって5群に分けて比較した。その結果、リノール酸濃度が最も低かった群と比べ、最も高かった群では総死亡リスクが43%も低下したこと明らかになった。また、アラキドン酸も弱いながら同様の傾向がみられたが、γ-リノレン酸・ジホモ-γ-リノレン酸では関連がみられなかった。これは、循環器疾患による死亡、循環器疾患やがんによる死亡を除いた死亡でも、同様の結果であった。しかし、いずれの脂肪酸でもがんによる死亡との関連はなかった。

また、本研究結果は、先行研究における病気の発症リスクと同様の傾向を示していた。先行研究では、食事中および血中のリノール酸値の高さが、循環器疾患や2型糖尿病発症のリスク低下と関連があることが示されている。

リノール酸は、主に、植物油やナッツなどに多く含まれており、血中のリノール酸濃度は、個々の食事内容に影響を受けるという。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  より多くの魚を食べるとパーキンソン病を予防できる?  
  ダークチョコレートを食べると視力が改善?  
  アントシアニンはサーチュイン酵素を活性化する?  
  カカオ豆の焙煎は健康効果を高めることができる  
  喫煙者の食事は非喫煙者よりも良くない傾向  
  より有害なカロリー源とは  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報