リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  脳が不健康な食べ物を渇望する
2018.5.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

我々は、不健康な食品に対する欲望が刺激されるときに、より強くそれを食べたいと思うようだ、という米国ニューヨーク大学の神経科学者らによる研究報告。

研究チームは、一連の実験を実施した。参加者は、スニッカーズやグラノラバーのようなスナック菓子に対する渇望を掻き立てられる前後で、あるスナック菓子に対してどのように注意を払うかを回答した。

その結果、そのスナック菓子が単純に目の前に見せられて、それを食べた時の記憶を呼び覚まされたときに、それを見る前に比べてその菓子により強い注意を払うことを意識することが明らかになったという。

興味深いことは、これが、参加者が空腹であっても起こったということであり、それは渇望と空腹は部分的には区別される経験であることを示唆しているという。

「別の言葉でいうなら、スニッカーズを渇望することは、あなたをより空腹にするわけではないということだ。それはあなたがスニッカーズを欲しいと思わせるだけなのだ」とケンウェイ・ルイエ助教授は語っている。

そこには全く見ていない類似食品へのスピルオーバー効果も、ある程度は存在するという。

「我々の結果が示しているのは、人々が健康的な食事を心がけていても、不健康な食品への渇望が暗い影のように忍び寄るということだ」と筆頭研究者のアンナ・コノヴァ博士は語っている。「渇望は日々の生活の中にありふれて存在し、たとえそれが現在の健康目標とは一致しないものであっても、過去の生活の中で良いと感じたものを選択する助けになっているのだ。」

出典は『国立科学アカデミー論文集』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  24時間の断食、幹細胞の再生能力を劇的に改善  
  遺伝学的研究に「エピ」を忘れないで!  
  暖房用・調理用の固体燃料の使用は、死亡リスク増加と関連?!  
  トイレの水:実際はどんな味がするのだろうか?  
  食物の浪費:最大の損失は、あなたの選択が原因  
  液体を飲むとき脳内でなにが起きているか  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報