リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  胎児期のカフェイン曝露が肥満の原因?
2018.4.24 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

子宮内での中程度から高濃度のカフェインへの曝露は、幼児期の体重増加に関連しているようだ、というノルウェー公衆衛生機構等からの報告。

研究では、2002年から2008年の間、ノルウェーの母子コホート研究の一部である母親約51,000人とその小児を調査した。妊娠22週時、食品頻度アンケートを使用し、カフェインを含む255項目の食品と飲料を定量化するよう指示された。アウトカム指標として、6歳から8歳、11歳時点での小児の体格状況を調査した。

結果は、潜在的な影響要因を調整後、妊娠中、カフェイン摂取が平均摂取の群、高摂取群、最も高摂取の群は、低摂取群と比し、幼児期の過剰成長のリスクがそれぞれ15%、30%、66%上昇した。子宮内でどの濃度のカフェイン濃度に曝されても、3歳、5歳時の過体重のリスク上昇に関連した。しかしながら、母親が妊娠中に最も高摂取であった群のみ、子供が8歳になったときにもそれが持続した。

出生前に高濃度のカフェインに曝露された子供は、 低濃度のカフェインに曝露されていた子供と比し、幼児期(3から12ヶ月)に体重が67gから83g増加、幼児期(歩き始めの頃)に110gから136g増加、就学前の幼児期(3-5歳)に213gから320g増加、8歳時に480g以上増加した。

「妊娠中のカフェイン摂取は、出産から8才までの子供の体重増加の軌道を変容する可能性がある」と研究チームは結論づけた。

出典は『BMJオープン』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  妊娠中の魚摂取は自閉症に関連しない!?  
  離乳食のたんぱく源、肉中心だとスリムで身長高めに  
  妊娠中の加糖飲料は子の認知機能を悪くするかも  
  母親の食事と男性ホルモンが子孫に影響する?  
  貧しい母親は子供の体重により厳しい検査を受ける  
  ASD児の摂食障害に取り組む  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報