リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  骨折予防とビタミンD、カルシウム
2018.4.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

米国予防医療専門委員会によると、男性および閉経前女性の骨折を予防するための、ビタミンDとカルシウムの単独または併用での使用に関して、現在は科学的証拠が不十分であるという。

また閉経後女性の骨折を予防するための栄養素の補充量とされる、「1日あたりビタミンD・400IU以下、カルシウム・1000mg以下」について、委員会は推奨できないという。とはいえ、現在は、閉経後女性の補給量を1日あたりビタミンD400IU以上、カルシウム1000mg以上とするには科学的証拠が不十分とのことだ。

今回の勧告は、米国予防医療専門委員会が2013年に発表した、骨折を予防するためのビタミンD補給に関する勧告を改定するものだ。勧告ではまた、(介護施設などではなく)地域で暮らす高齢者の転倒を予防するために、運動は少々効果があるようだが、ビタミンD補給には効果がないことがはっきりしたとしている。

出典は『米国医学会誌(JAMA)』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  心臓の健康の改善は、フレイルを防止?!  
  質の良い食事が脳の萎縮を予防する?!  
  地中海型食生活は本当に加齢を食い止めるのか?  
  日々の活動が高齢者の脳の大きさに関連する?  
  カロリー制限はネズミキツネザルの寿命を延ばす  
  推奨量以上のたんぱく質はムダ?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報