リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  1日3杯のコーヒー摂取は安全で保護的作用がある?!
2018.4.17 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

カフェイン摂取は、心房細動(AFib)、不整脈(VAs)の頻度減少に関連するようだ、という豪州アルフレッド病院等からのレビュー報告。

多くの臨床医は、心房性、心室性不整脈患者に、カフェイン飲料を避けるようにアドバイスしているが、コーヒーや紅茶は安全であり、不整脈の頻度を減少させる可能性があるようだ。

研究では、多くの住民ベースの研究を分析し、カフェイン摂取と心房性、心室性の不整脈における影響との関連を決定した。

結果は、カフェイン摂取の増加に伴いAFib減少が一貫して認められた。228,465人を対象とした1つのメタアナリシスにおいて、定期的なコーヒーにおいてAFib頻度が6%減少、さらに115,993人の患者の分析では、13%リスク削減が示唆された。

著者らは、カフェインが心室性VAsに影響を与えないことも確認した。毎日500mgまでのカフェイン量(コーヒー6杯に相当)は、VAsの重篤度と割合を増加させなかった。平均353mg /日を摂取した心臓発作後の患者103人のランダム化研究では、心拍数が改善し、有意な不整脈は生じなかった。2つの試験だけは、患者が少なくとも10杯と9杯/日を摂取した場合、VAsのリスクが上昇した。

「適度な量であれば、コーヒーとお茶を定期的に摂取する患者は、心臓リズム問題の発症の生涯リスクが低く、おそらく生存率が改善された」とキスラー氏は述べている。

カフェイン摂取量が300mg/日までは、不整脈患者にとって安全である可能性が示唆されている。しかし、カフェインの影響を受け易い者もおり、25%がコーヒーをAFibトリガーとして報告している。したがって、コーヒー摂取とAFib発症との間に明らかな時間的関連性を有する患者は、控えるように勧めるべきである、と著者らは述べている。

出典は『JACC: 臨床電気生理学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  魚類摂取は、早期死亡リスクを低下させる?!  
  オメガ-3系脂肪酸サプリは心血管系の健康にほぼ効果なし  
  夫婦は糖尿病発症リスクを共有する!?  
  地中海風の食事パターンは骨粗鬆症を軽減できる!?  
  非感染性疾患減少目標は達成できそうにない!?  
  植物性たんぱく質・食物繊維・ナッツは血中脂質と血圧を改善?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報