リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  朝食時間が遅めの2型糖尿病患者は、高BMI傾向?!
2018.4.17 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

夜型の2型糖尿病患者は、BMIが高い傾向があるようだ、という米国イリノイ大学等からの報告。

研究者らは、2型糖尿病の者が朝型か夜型かにより、高BMIリスク増加と関連するかどうか検討した。朝型夜型を決定するどの要因がリスク増加に寄与するのか、について調査した。

研究では、2型糖尿病を有する非シフト制勤務者210人を対象とした。朝型と夜型の区別は、起床・就寝等の時刻、日中運動に費やす時間、精神的活動(仕事、読書)などに費やして過ごした時間、に焦点をあてた質問紙を使用して評価した。質問紙のスコアは、13(極端な夜型)から55(極端な朝型)の範囲であった。45未満を夜型、45以上を朝型とした。

解析の結果、夜型が、高BMIと関連していたという。エネルギー摂取量、昼食時間、夕食時間は、高BMIとは関連していなかった。朝型の人は、朝食の時間がより早く、BMI0.37低下と関連していた。

対象者のうち、97人は夜型で、113人は朝型だった。朝型の者は、午前7時から8時30分の間に朝食を食べた。一方、夜型の者は、午前7時30分から9時の間に、朝食を食べた。朝型の者は、朝食、昼食、夕食、夜食の食事のタイミングが早かったという。

「遅い朝食時間は、2型糖尿病患者の高BMI値に関連する新規のリスク要因である」とシリモン・ロイトラクル准教授は述べている。

出典は『糖尿病医学』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  鉄サプリの一部、がん発症と関連のおそれ  
  西洋型食生活は、動脈保護免疫細胞を枯渇させる  
  パスタは健康的な食事?!  
  有機食品は野菜中心の食生活に大きな環境便益  
  5:2ダイエットは、心臓血管疾患の重要な危険因子を減少させる?  
  含硫アミノ酸制限食は血管新生を促すかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報