リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  朝食時間が遅めの2型糖尿病患者は、高BMI傾向?!
2018.4.17 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

夜型の2型糖尿病患者は、BMIが高い傾向があるようだ、という米国イリノイ大学等からの報告。

研究者らは、2型糖尿病の者が朝型か夜型かにより、高BMIリスク増加と関連するかどうか検討した。朝型夜型を決定するどの要因がリスク増加に寄与するのか、について調査した。

研究では、2型糖尿病を有する非シフト制勤務者210人を対象とした。朝型と夜型の区別は、起床・就寝等の時刻、日中運動に費やす時間、精神的活動(仕事、読書)などに費やして過ごした時間、に焦点をあてた質問紙を使用して評価した。質問紙のスコアは、13(極端な夜型)から55(極端な朝型)の範囲であった。45未満を夜型、45以上を朝型とした。

解析の結果、夜型が、高BMIと関連していたという。エネルギー摂取量、昼食時間、夕食時間は、高BMIとは関連していなかった。朝型の人は、朝食の時間がより早く、BMI0.37低下と関連していた。

対象者のうち、97人は夜型で、113人は朝型だった。朝型の者は、午前7時から8時30分の間に朝食を食べた。一方、夜型の者は、午前7時30分から9時の間に、朝食を食べた。朝型の者は、朝食、昼食、夕食、夜食の食事のタイミングが早かったという。

「遅い朝食時間は、2型糖尿病患者の高BMI値に関連する新規のリスク要因である」とシリモン・ロイトラクル准教授は述べている。

出典は『糖尿病医学』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  食品の腸内信号プロセスへの影響を実証  
  腸内細菌がケトジェニックダイエットの抗てんかん作用に重要な役割  
  低脂肪・未加工の赤肉が豊富な地中海型の食生活は心臓病リスクを改善  
  クルミは腸内微生物に影響を与え健康を改善するかも?!  
  脂肪+炭水化物食品は各々が単独の食品より満足度が高い  
  小腸内の細菌が脂肪吸収に重要  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報