リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  液体を飲むとき脳内でなにが起きているか
2018.4.16 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

マウスの口渇中枢の高解像度マップを明らかにした、というカリフォルニア工科大学からの研究報告。この青写真を使えば、マウスを重度の水飲みにさせることが可能であるという。

研究チームはまた、脳に「もう充分だから止めて」と伝えるクエンチング(消光)回路を発見した。

「身体の水分量は、渇きと飢えによって厳密にコントロールされている。我々は、身体が水分を摂る時に働く神経回路を遺伝的にマッピングした」と主任研究者のユキ・オカ博士は語っている。

脳内回路を切り分けるのを助けるようにデザインされた遺伝子を用いて、研究チームは、正中視索前核(MnPO)と呼ばれる大脳終板(Lamina Terminalis)の領域を通じてコミュニケーションする互いに逆向きのラインがかなめであることを発見した。

ラインのひとつは、マウスに飲むように伝えるのに必須であり、別のひとつは飲むのを止めるように伝えるものだった。飲むか止めるかはスイッチングによって切り替わるようだ。

出典は『ネイチャー』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  自虐ネタは心理的な幸福を促進する  
  ヒトのカロリー制限試験は加齢性疾患への有効性を示唆  
  空腹感は痛みを抑える  
  我々は自分と気になる人を「バラ色の眼鏡」で見ている  
  これからはコレステロール値よりω-3系脂肪酸に注目?  
  肝臓が食物にすばやく反応する方法を発見  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報