リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  ASD児の摂食障害に取り組む
2018.4.11 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

自閉症の子供たちが、特定の野菜、果物、肉を拒絶し、炭水化物と砂糖の多い食品を多く好む傾向があるようだ、という米国テキサス大学からの研究報告。著者らの最近(2016年)のレビューと第44回国際行動分析学会年次大会での発表から。子供たちが食事を楽しめるようにしたい、と研究者らは語っている。

テキサス大学サンアントニオ校の(UTSA)の学際的学習教授学科の特殊教育准教授であるブリアント・シルバウは、自閉症スペクトラム障害(ASD)を患う小児の小児摂食障害に関する革新的な行動研究をリードしているという。

シルバウは、UTSAの学生とともに、UTSAダウンタウンキャンパスの自閉症研究センターの一部であるシルバウ行動研究グループ(SBRG)摂食研究室で子供とその親と一緒に作業している。

研究室および地域社会の家庭や診療所において、シルバウと彼のチームは、発達障害の子供の摂食障害を特定するための行動評価を行っている。研究チームは、家族の食生活に含まれる食品などから、子供たちが食べるものと拒絶するものを検討した。

「私たちは、個別化アプローチによって、子供の摂食問題の特徴と、家族が食べさせたいと望む栄養価の高い食品を明らかにし、摂食関連の社会的スキルを指導して食事を楽しむことができるようにしたい」とシルバウは言う。「この評価と介入において、両親は積極的な参加者であり、何が起こっているのか、摂食障害にどう対処するのかについて知らされている。」

研究を通して、シルバウは、自閉症の子供たちが、吐き出したり、怒りったり、投げたりすることによって、特定の野菜、果物、肉を拒絶し、炭水化物や砂糖が多い食品を強く好むことを観察した。

シルバウらの介入研究についての最近のレビューでは、自閉症児の摂食を改善することができる応用行動分析に基づく多くの行動介入があることが判明している。

たとえば、自閉症児は口いっぱいに食べ物を長時間詰め込んだままにして、食事が進まなくなる場合があるが、これに対しては、咀嚼して嚥下する、という明確な指示を行うとともに、嚥下したら好みの食べ物を一口与えたり、咀嚼のあとに食べ物が口に残っていたら水を少し飲んでみるよう勧めたりすると効果があることが示唆されている。

出典は『自閉症および発達障害レビュー雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  妊娠中の加糖飲料は子の認知機能を悪くするかも  
  胎児期のカフェイン曝露が肥満の原因?  
  母親の食事と男性ホルモンが子孫に影響する?  
  貧しい母親は子供の体重により厳しい検査を受ける  
  1日1サービングのソーダが妊娠可能性を低下させる!?  
  DHAが小児の高い除脂肪体重に関連?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報