リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  カロリー制限はネズミキツネザルの寿命を延ばす
2018.4.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

成獣初期からのバランスのとれた慢性的なカロリー制限は、ネズミキツネザル(Grey mouse lemur、Microcebus murinus)の寿命を延ばすようだ、という仏MECADEVからの研究報告。

研究チームは、ネズミキツネザルを2群に分け、一方には成獣後すぐから30%のカロリー制限食を与えて、通常食群と比較した。

ネズミキツネザルの寿命は最大12年程度であり、今回の実験開始後10年目の最初の結果報告において、カロリー制限群が対照群と比べて、寿命がほぼ50%延長することを報告している。対照群の平均寿命が6.4年だったのに対し、介入群の寿命は9.6年であったという。

また霊長類においては今回初めて、最大寿命が延長すること観察したという。報告時点で対照群の最後の1匹が11.3歳ですでに死亡していたのに対して、介入群の3分の1が依然として生存中であった。

この寿命延長効果は、運動能力の維持を伴っており、認知能力の変化は観察されておらず、がんや糖尿病などの加齢関連疾患は減少した。カロリー制限ネズミキツネザルは、若年時の形態学的特徴をよく残存していた。さらに、脳内画像診断のデータから、脳の灰白質がわずかしか失われていないことも明らかになったという。白質の委縮が有意に低下していることと併せて、その理由はいまのところわかっていない。

これらの結果は、非ヒト霊長類においては、カロリー制限が現在最も効果的な最大寿命の延長方法であり、加齢のプロセスを遅くするものであることを示しているという。

出典は『コミュニケーション生物学』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  我々の遺伝子の暗い側面―現代人の健康的な加齢  
  意味記憶の保持は長い経験に左右される  
  心臓の健康の改善は、フレイルを防止?!  
  質の良い食事が脳の萎縮を予防する?!  
  地中海型食生活は本当に加齢を食い止めるのか?  
  骨折予防とビタミンD、カルシウム  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報