リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  有機食品は野菜中心の食生活に大きな環境便益
2018.4.4 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

果物と野菜の豊富な食生活は動物性食品の豊富なそれにくらべて地球にやさしいようだ。オーガニック食品はさらに地球温暖化防止に役立つようだ、という仏INSERMからの研究報告。

研究チームは、34,442名のフランス人成人の食事摂取頻度調査を解析した。

果物と野菜の摂取頻度が最も高かった人々は、環境影響が最も低いことが明らかになった。有機食品の摂取も同様に環境影響を変える重要な因子だったが、その影響は植物中心の食生活を送る人々にのみ見られた。

本研究は、食事パターンと農場生産システムの環境への影響を初めて調査したものであるという。また、モデルではなく、観察された食事から有機食品の消費による環境への影響を調査したのも初めてのことである。

ただし、研究者らは、生産システムの環境への影響が一様ではなく、気候、土壌の種類、農場管理の影響を受ける可能性があることを警告している。

「生産システムの環境への影響に関連する農薬使用、浸出、土壌品質などの他の指標は見ていない」と研究者はは述べている。今後の研究では、これらだけでなく、食糧生産のサプライチェーンや流通の影響も考慮に入れることが必要であろうとのことである。

出典は『栄養学の最前線』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  食品の腸内信号プロセスへの影響を実証  
  腸内細菌がケトジェニックダイエットの抗てんかん作用に重要な役割  
  低脂肪・未加工の赤肉が豊富な地中海型の食生活は心臓病リスクを改善  
  クルミは腸内微生物に影響を与え健康を改善するかも?!  
  脂肪+炭水化物食品は各々が単独の食品より満足度が高い  
  小腸内の細菌が脂肪吸収に重要  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報