リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  自虐ネタは心理的な幸福を促進する
2018.4.2 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

自虐ネタを頻繁に使う人は、自分自身を笑い者にすることによって他者の承認を得ることを目的としており、より高いレベルの心理的幸福を示しているようだ、というスペイン・グラナダ大学からの研究報告。

この結果は、これまでのユーモア心理学の幾つかの結果と矛盾するものだという。これまでの結果の多くで、自虐ネタはそれを良く使う個人のネガティブな心理的影響と排他的に関連していることが示唆されていた。

研究チームは、スペイン語版ユーモアスタイルアンケート(HSQ; Martin、Puhlik-Doris、Larsen、Gray、&Weir、2003)による心理測定分析を妥当性を評価した。18-65歳の1,068人を対象に5つの研究を実施した。

次元性と内部一貫性を検証すると共に、ユーモア様式と幸福度(Well-being)、個性との既知の関連性を再現した(Big FiveとHEXACOモデル)。また、怒りの管理におけるユーモア様式の役割に関する外部評価指標のエビデンスを得たという。

例えば、自己強化的ユーモア様式の高いスコアは、より効果的に怒りを管理できる人々や怒りの感情や反応を発現しないようにしようとする傾向に典型的にみられた。

逆に、不適応的なユーモア様式(攻撃的および自虐的ユーモア)のスコアの高い人々には、怒りをうまく管理できない傾向がみられたという。特に、攻撃的なユーモアは、主として、他者に対する怒りの表現、および日々の生活において怒りを発散させがちな傾向と関連していた。

攻撃的なユーモアを使うことによって、彼は、肉体や言葉の暴力よりも明示的でない形で否定的な感情(怒り、優越感、憎悪など)を表現しようとしている。なぜなら、攻撃的なユーモアは、自己を正当化するコメントをユーモラスにほのめかせるからである。

自虐的ユーモアは、より怒りの抑制に関与しようとする傾向の高さに関連していた。けれども、この抑制はかならずしも他者に対する直接的な怒りを減じたり制御下に置いたということではなくて、どちらかといえばそのような怒りの反応を隠したり明示的に表明しないことへのきっかけになるものであるようだ。

出典は『個性と個人差』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  液体を飲むとき脳内でなにが起きているか  
  ヒトのカロリー制限試験は加齢性疾患への有効性を示唆  
  空腹感は痛みを抑える  
  我々は自分と気になる人を「バラ色の眼鏡」で見ている  
  これからはコレステロール値よりω-3系脂肪酸に注目?  
  肝臓が食物にすばやく反応する方法を発見  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報