リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  歩行速度が遅いと認知症のリスクが高くなるかも?
2018.4.2 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

60歳以上の者において、歩行速度が遅いことや低下することが、認知症の発症リスクの上昇と関連しているようだ、という英国ユニバーシティコレッジロンドンからの研究報告。

2015年には、世界中で4700万人近くが認知症を発症している。最も多い認知症の原因には、アルツハイマー病が挙げられるが、他の要因も影響している。

本研究は、英国加齢縦断研究(English Longitudinal Study of Ageing)の、60歳以上の3,932名を対象とした。歩く速度と認知機能のベースライン調査を2002-2003年(Wave1)、2004-2005年(Wave2)に行い、認知症発症の評価は、2006-07年(Wave3)と、2014-15年(Wave7)に行った。解析には、コックス比例ハザードモデルを用いた。

ベースライン時に、歩行速度が速かった者は、認知症の発症リスクが64%低下した。Wave1とWave2の間で歩行速度が低下した者は、認知症の発症リスクが23%増加した。

ベースライン時に認知機能が、良好であった者は、認知症発症リスクが58%低かった。Wave1とWave2間で認知機能が低下した者は、認知症の発症リスクが78%に高かった。

著者らは、高齢者の遅い歩行速度と、歩行速度の低下は、どちらも認知症のリスクを高める因子であるようだ、と結論づけている。ただし、歩行速度の低下と、思考や決断能力の変化の両方が、必ずしも一緒に認知症発症に影響するわけではないようだ、と注記している。

出典は『米国老人医学会雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  座り過ぎは代謝だけでなく脳にも悪影響?  
  研究は運動と食欲不振の関係を説明している  
  心臓病の家族がいるなら、運動は最良の予防策かも  
  持続的でも散発的でも運動は死亡リスクの減少をもたらす  
  座位中心、不活動な生活は尿路症状のリスクを高める  
  慢性的な痛みの管理には有酸素運動より太極拳  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報