リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  座位中心、不活動な生活は尿路症状のリスクを高める
2018.3.28 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

座位時間の延長と低い活動レベルは、下部尿路症状(LUTS)の発症リスクの上昇と関連付けられるようだ、という韓国カンボクサムソンホスピタル(江北三星病院)からの研究報告。

研究チームは、韓国人男性69,795名を平均2.6年追跡調査した結果、175,810.4人年につき9,217人がLUTSを発症し、その有病率が39/1,000人年であることが明らかになった。データ解析の結果、低い身体活動量と長い座位時間が独立にLUTSのリスクを高めたことがわかったという。

活動的な人々は、不活動な人々に比べて、LUTSの発症リスク(ハザード比)は0.93-0.94だった。1日5時間以上の座位時間の人々は、5時間未満の人々に比べてLUTSの発症リスク(ハザード比)は、1.08-1.15だったという。

「この結果が支持するのは、座位時間の短縮と身体活動の促進がLUTSの予防に重要であるということだ」と研究者はコメントしている。「座位行動のなにがLUTSに関与しているのかについては、更なる研究が必要である。」

出典は『英国泌尿器学雑誌(国際版)』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  座り過ぎは代謝だけでなく脳にも悪影響?  
  研究は運動と食欲不振の関係を説明している  
  心臓病の家族がいるなら、運動は最良の予防策かも  
  持続的でも散発的でも運動は死亡リスクの減少をもたらす  
  歩行速度が遅いと認知症のリスクが高くなるかも?  
  慢性的な痛みの管理には有酸素運動より太極拳  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報