リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  これからはコレステロール値よりω-3系脂肪酸に注目?
2018.3.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

血中のω-3系脂肪酸レベルは、コレステロール値よりも死亡リスクの正確な予測手段になりえるかもしれない。ω-3系脂肪酸レベルの高い人は、低い人に比べて全死因における死亡リスクが約33%低くなることが示された。米国サウス・ダコタ大学の研究。

最新の調査により、血液中のω-3系脂肪酸(EPA・DHA)濃度の測定は、特定の疾患発症リスクの評価において重要であることが示された。この報告は、1948年に開始された「フラミンガム心臓研究」の当初の被験者たちの子孫2500人を追跡した研究によるものだ。なお、今回の研究の被験者は、試験開始時点で66歳、心血管疾患を持っていない人とし、女性の方が男性よりわずかに多かった。観察期間は、彼らが73歳前後になるまでとした。

結果に影響する多種多様な因子を調整した後に示されたデータでは、ω-3系脂肪酸濃度が高いほど、心血管疾患イベントと、虚血性心疾患イベント、脳卒中のリスクが低いことが明らかになった。特に、心血管疾患やがんで以外の全ての死因とω-3系脂肪酸濃度は強く関連していた。このことは、DHAとEPAには高範囲の有益な作用があることを示唆している。

ω-3系脂肪酸レベルの高さと、死亡リスクの低さの関連については、少なくとも他の3つの先行研究で報告されているが、今回の最新研究で新たにわかったことは、血中コレステロールレベルよりもω-3系脂肪酸の方が、心疾患のリスク評価をする上で効果的だということだった。今回評価した5つのアウトカムに対し、コレステロール値はいずれにも有意な関連を示さなかったものの、ω-3系脂肪酸は4つに関連していたという。

今後さらなる研究で関連性が再確認されれば、一般的な血液検査項目に、血糖値やコレステロール値と並びω-3系脂肪酸値が載るようになるかもしれない。

出典は『臨床脂質学雑誌』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  西欧500年の婚外子に関する科学的考察  
  砂糖を含まないガムは、虫歯の軽減に役立つ?!  
  挫折の後:データ科学はどの挫折が最終的に成功するかを予測  
  男性の健康増進、8つのヒント  
  都市の緑化は早死にを防ぐ?!  
  ピンクリボンと口ひげ:健康キャンペーンに必要なもの  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報