リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  うつ病はアルギニンの生物学的利用能力低下に関連?!
2018.2.28 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

大うつ病性障害(MDD)の者では、アルギニンの生物学的利用能力低下が認められたようだ、という、東フィンランド大学、クオピオ大学病院等による報告。

アルギニンは身体が一酸化窒素を産生するために使用するアミノ酸である。一酸化窒素は、神経系、免疫防御メディエーターであり、血管調節においても役割を果たす。アルギニン生物学的利用能の比率(GABR)は、身体のアルギニン濃度の指標であり、この比は、これまで身体の一酸化窒素生産能を測定するのに使用されていた。アルギニンの生物学的利用能の低下は、心血管疾患の独立したリスク因子であることも知られている。

対象者は成人で、大うつ病性障害と診断された群99名と、コントロール群253名である。空腹時の血液試料から3つのアミノ酸の濃度(アルギニン、シトルリン、オルニチン)を分析し、このデータを用いてGABRを算出した。対称性ジメチルアルギニン濃度、非対称性ジメチルアルギニン濃度も測定した。そして、大うつ病性障害群とコントロール群で比較した。研究では、@8ヶ月のフォローアップ期間中、うつ病患者で、これらの濃度が変化したかどうか、Aうつ病の寛解が、濃度に影響を及ぼしたかどうかも検討した。

結果は、うつ病の者は、コントロール群より、アルギニンの生物学的利用能力が弱まっていたという。 対称性ジメチルアルギニン濃度、非対称性ジメチルアルギニン濃度の有意な差異は認められなかった。抗うつ薬、抗精神病薬の使用は、いずれも濃度に影響を及ぼさなかった。

研究者の期待とはうらはらに、うつ病から回復した者、うつ病のままの者の測定値に、明確な差異は認められなかったという。

出典は『情動障害雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  植物ベースの食事は、糖尿病患者の心血管代謝リスク要因を改善!?  
  健康リテラシーと心臓血管疾患との関連性は?  
  平均生涯飲酒量とがんおよび死亡のリスク  
  がん、慢性疾患につながる悪い習慣は、単純な介入で改善できるかも  
  なぜお酒とケトジェニック食で喉が渇くのか?  
  ケトジェニック食でがん治療!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報