リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  短時間のフィットネス検査でも早期死亡を予測できる
2018.2.27 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

クイーンズ大学の研究者ルイーズ・ド・ラノイは、短い5分間のトレッドミルテストで死亡リスクを予測できることを報告している。このリスクは、年齢、体重、血圧、喫煙状況、糖尿病、コレステロール、家族歴などの他の伝統的なリスク要因とは無関係に決定されるという。

圧倒的な根拠が、最大フィットネス検査が死亡リスクを決定する信頼できる方法であることを示している。けれども、参加者が続行できなくなるまで最大傾斜が着実に増加するトレッドミルで行われるこの確立された試験は、患者にとって時間がかかり不快なため、臨床現場では一般的に使用されていない。

ド・ラノイの所見では、より短時間の最大下(サブマキシマル)フィットネス検査によって最大フィットネス検査と同様に早期死亡のリスクを予測できる。臨床医に患者の健康とリスクを評価するためのオプションを提供するので、これは重要な知見であるという。

「この研究では、最大下フィットネスとリスクの相関は最大フィットネスのリスク相関と類似していることが示されている。最大フィットネス検査の時間の3分の1しかかからず、しかも患者が最大に達することを要求しない最大下フィットネス検査は臨床現場での死亡リスクを評価するための実用的な代替手段である」とド・ラノイは説明する。

結果を得るために、研究チームは、6,106人の男性と女性の大規模な研究からのデータを使用し、1974-2002の間に、最大下フィットネス検査のパフォーマンスの変化と早期死亡リスクとの関係を調べた。

出典は『メイヨ・クリニック紀要』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  植物ベースの食事は、糖尿病患者の心血管代謝リスク要因を改善!?  
  健康リテラシーと心臓血管疾患との関連性は?  
  平均生涯飲酒量とがんおよび死亡のリスク  
  がん、慢性疾患につながる悪い習慣は、単純な介入で改善できるかも  
  なぜお酒とケトジェニック食で喉が渇くのか?  
  ケトジェニック食でがん治療!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報