リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  なぜ減量すると空腹感がひどくなるのか?
2018.2.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

体重が減った後は、以前よりも強く空腹を覚えるようになるようだ。ノルウェイ科学技術大学からの2年間に及ぶ介入研究の結果報告。

2年間の介入後、参加者全員の体重が減少した。けれども全員が減量前よりも空腹を強く感じるようになっていた。鍵となるのは空腹ホルモンと満腹ホルモンのバランスであるようだ。

「我々は重度の肥満患者34名を対象に、ゴールドスタンダードの肥満治療を2年間かけて実施した」と主任研究者のカティア・マーチンス准教授は語っている。

開始時の平均体重は125kgだった。まず、3週間かけて治療センターで、定期的な運動と異なる検査が実施された。同時に栄養教育と心理学者との対話も実施された。6か月ごとにそれが繰り返された。

2年後、参加者は平均11s体重が減少した。最初の3週間でおよそ5sの体重が減少していた。

マーチンス准教授によれば、ほとんどの肥満患者は自分で減少することができるが、その体重を維持できるのは2割の者に過ぎないという。

純粋に生物学的見地からいうと、ホルモンとエネルギー保存のための身体機能が減量の維持を邪魔するようだ。

我々が体重を減らすと、胃からグレリンと呼ばれるホルモンがより多く放出されるようになる。このホルモンは我々に空腹を感じさせる。

「誰もがこのホルモンを持っているが、肥満だった人が減量するとこのホルモンが増加する」とマーチンスは言う。

残念なことに、このグレリンレベルは時間がたっても調節されないらしい。参加者のグレリンレベルは2年間通じて高いままだったという。そのために、参加者は以前よりも高い空腹感を感じるようになったのだ。

また、我々の身体はエネルギー消費を節約する能力がある。肥満者が減量すると必要なエネルギーが少なくなる。マーチンスによれば、ずっと80sだった人は、減量で80sになった人に比べて、より多く食べても太らないのだという。その違いは400kcalにもなるという。

従って、減量した人は、ずっとその体重だった人に比べて少なく食べなければ減量を維持できない。けれども、それは普通の80sの人が食べたい量より400kcalも少ない量であるのだ。その結果、適正なカロリー摂取にすれば、その分余計に空腹を感じるのだという。

「重要なことは、どのような生理学的なメカニズムが減量に抵抗するのかを知ることだ。もちろん、それは個人によって異なる。減量の動機付けが失われれば、それを維持するのも面倒になってしまう。すべてのことが減量を維持することを困難にしている」とマーチンス准教授は語っている。

出典は『米国生理学・内分泌学および代謝作用雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ある種の有益な細菌がどのように腸内に定着するか  
  新興の食物アレルギー障害に個別化医療の可能性  
  心臓の健康のために週2回の魚料理  
  ビタミンD不足は糖尿病の高いリスクに関連している  
  長期的な体重管理は、ダイエットより規則正しい食習慣  
  海苔を食べて、単一の細菌を腸内に定着させる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報