リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  加齢に対する肯定的な態度は、認知症のリスクを軽減?!
2018.2.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

加齢について肯定的な信念を持つ者は、認知症を発症する可能性は低いようだ、というイェール大学等からの報告。この保護的効果は、認知症を発症するリスクが高い遺伝子を有する者でも認められたという。

研究では、研究開始時認知低下の認められない4,765人(平均年齢72歳)を調査した。 研究対象者の26%は、APOEε4を有していた。対象者の年齢と健康状態等の要因で調整をおこなった。

結果は、4年間の研究期間、認知症発症リスクは、加齢について否定的な信念を持つAPOEε4キャリアでは6.1%であるのに対し、加齢について肯定的な信念を持つAPOEε4キャリアでは2.7%であったという。

「我々は、肯定的な加齢への信念は、認知症の最も確立された遺伝的リスク因子の1つのリスクを軽減できることがわかった」と、ベッカ・レヴィ教授は述べている。

出典は『プロスワン』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  地中海式食は高齢者の虚弱化を予防するかも  
  水辺や多様な地形へのアクセスは、高齢者の身体活動を促す  
  生活習慣改善は遺伝リスクの高い人の認知機能低下を予防  
  4つ以上の疾患を持つ高齢者の数は、2035年までに倍増するだろう  
  少量の大豆イソフラボン、筋萎縮を軽減  
  認知障害のある高齢者は、訓練で記憶力を改善できる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報