リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  ソフトドリンクへの課税でアルコールの消費が増えるかもしれない!?
2018.1.30 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ソフトドリンクの価格を上げると、アルコールの購入に変化が起きるかもしれない、という英国ロンドン大学からの研究報告。糖分が中程度の飲料の価格を上げると、アルコールの購入が減って健康に有益な影響をもたらす可能性があり、ダイエット飲料の価格を上げる場合とは逆の現象がみられたという。

研究チームは、ソフトドリンクに課税すれば、ソフトドリンクの購入は減るかもしれないが、健康への影響を評価するときには、他の飲料の選択についても考慮する必要があることを見出した。特に、アルコール飲料への影響は考慮すべきであるようだ。というのも、アルコール飲料は、ソフトドリンクと同程度かそれ以上の糖分を含んでおり、健康に有害な影響をおよぼすこともあるためである。アルコール飲料の消費量の変化は、ソフトドリンクの価格の変化で起こそうとした影響を強めたり弱めたりする可能性があるかもしれないのである。

研究者らは、2012年1月から2013年12月まで、31919世帯を対象として、飲料の購入600万件のデータを分析した。3種類のノンアルコール飲料(果実飲料、乳飲料、水)と5種類のアルコール飲料(ビール、ラガー、シードル、ワイン、スピリッツ)を3つのカテゴリ、(1)糖分含有量の多い飲料(8g/100 ml以上)、(2) 糖分含有量の中程度の飲料(5-8g/100 ml)、(3) 糖分含有量の少ない飲料(5g/100 ml未満)に分類した。

その結果、糖分含有量の多い飲料の価格が上がるとラガーの購入が増加し、糖分含有量が中程度の飲料の価格が上がるとアルコール飲料の購入が減少し、一方、ダイエット飲料と糖分含有量の少ない飲料の価格が上がるとビール、シードル、ワインの購入が増加することが確かめられた。全般的にみて、価格上昇の影響は、低所得層で最も大きくなることもわかった。

この分析からはこのような相関がみられる理由を説明できないため、さらに研究が必要であるが、財政的な介入を設計するときには、このように様々な影響の可能性を考慮すべきであるようだ。

出典は『疫学と共同体保健雑誌』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  心理学論文の新しい基準  
  サウナはなぜ健康に良いのか、科学者が解明  
  食品添加物は腸内細菌にどう影響する?  
  ヒト血漿化合物の視覚データベース  
  無神経で非感情的な性格  
  無礼な給仕は食事を不味くする?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報