リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  心理学論文の新しい基準
2018.1.29 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

透明性の向上を目指して、量的研究および質的研究の研究報告の標準化ガイドラインが作成された、というAPA(米国心理学会)による発表。

この新しい基準は、方法論的な完全性の評価を強化することを目的としている(オープンアクセスで利用可能とのこと)。

この基準は、心理学研究に限定されたものであり、含まれる要素が理解可能かつ研究が再現可能であることを確実にするために、研究論文が備えているべき情報のガイドラインを提供している。このガイドラインは、APA(米国心理学会)の出版・通信委員会が任命した2つのワーキンググループによって開発された。

【新しいJARS(Journal Article Reporting Standards、学術論文で報告すべき事項の標準化)】

・文書に示した定量分析を十分に理解でき、再現性を高めるように、仮説、分析、結論を、第一グループ、第二グループ、検討のグループに分けることを推奨する。

・N-of-1試験、再現実験、臨床試験、縦断的研究、観察的研究、構造方程式モデリングを用いた分析方法、ベイジアン分析を報告する著者のためのモジュールを提供する。

・複数の従来の方法による調査、方法、目標に対応し、多様な質的研究方法に含める資料に関するガイダンスを提供する。

・質的基準および量的基準を用いて、混合研究法(量的研究法と質的研究法の両者を含む)の設計を用いた研究報告の基準を提供する。

量的研究: http://psycnet.apa.org/record/2018-00750-002
質的研究: http://psycnet.apa.org/record/2018-00750-003

出典は『米国の心理学者』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  24時間の断食、幹細胞の再生能力を劇的に改善  
  遺伝学的研究に「エピ」を忘れないで!  
  暖房用・調理用の固体燃料の使用は、死亡リスク増加と関連?!  
  脳が不健康な食べ物を渇望する  
  トイレの水:実際はどんな味がするのだろうか?  
  食物の浪費:最大の損失は、あなたの選択が原因  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報