リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  血液中のカフェイン濃度は、パーキンソン病患者の診断に役立ちます
2018.1.11 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

血液中のカフェイン濃度を測定することで、パーキンソン症の診断をする際に簡単な方法として役立てることが可能かも知れないようだという研究。日本の順天堂大学斉木臣二准教授の研究。パーキンソン症患者では疾患のない人に比べて、同量のカフェインを摂取していても、血中に循環するカフェインレベルが有意に低いことが見られるようだ。

本研究では、より深刻なレベルのパーキンソン症患者では有意に低い血中カフェイン濃度が見られなかった。つまり、カフェイン濃度の有意な低下はパーキンソン症の早期にのみ起こっている事を示唆していると考えられる。もしも、これらの知見が確認されれば、パーキンソン症の早期徴候が発現する前の早期診断のために有益な情報をもたらしている可能性がある。パーキンソン症の診断はとりわけ早期では難しいことが知られているので、この事は重要な意味を持っているのである。

本研究では108人のパーキンソン症患者(罹患歴平均6年間)と、同じ年齢集団の31人の健常者を対象に検討をおこなった。対象者の血液サンプルはカフェイン及びカフェインの代謝に伴って発生する11の副次生産物を対象に測定された。さらにカフェイン代謝に影響を与えうるような遺伝子の変位型についても検討をおこなった。

2つのグループは同量のカフェインを摂取した。量にして1日あたり約2杯のコーヒーに相当するカフェインである。しかしパーキンソン症患者群では、有意にカフェインレベル、及び11の副次生産物のうち9種について低い状態が見られたのである。健常者では平均でカフェインレベルは10mlあたり79ピコモルであったのに対し、パーキンソン症患者では24ピコモルであった。副次生産物のうち一つは、パーキンソン症患者群の50%で検出限界以下に留まっていた。

統計的分析を行うと、研究者らは、このテストを信頼してパーキンソン症を同定する際に利用することのできるテストとして用いる事ができる可能性があると結論づけた。98%を正確に診断可能であるという。

遺伝子検査では、カフェインに関連した遺伝子について両群での有意な違いは見られなかったという。

本研究では深刻なパーキンソン症患者は含まれないことに注意が必要である。また、パーキンソン症患者はみな抗パーキンソン症薬を摂取していて、これらの薬がカフェイン代謝に影響を与えている可能性も指摘されている。

出典は『神経学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  重度の歯周病とがんリスクとの関連性は?  
  食欲を抑制することなく脂肪を減らす有望な抗肥満薬を開発  
  結核薬はビタミンCでよりよく働く  
  サーカディアンリズムを無効にして生きながらえるがん  
  カルシウム、ビタミンDのサプリメントで骨折リスクは低下しないかも  
  毎日のホットティーで緑内障リスク減?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報