リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  女性は男性よりも危機に強い
2018.1.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

飢饉や伝染病の蔓延といった最悪の状況下では、女性のほうが男性より長生きすること、そしてその差を生むのは、成人期よりも幼少期にあることが発見された。逆境におかれたとき、女の赤ちゃんの方が生存率が高いのだという。南デンマーク大学の研究。

現在、女性は世界中のほぼ至るところで男性より長生きの傾向があるが、3世紀にわたる歴史的記録により、通常時は女性は男性より長生きではないことが示された。女性の方が長生きするのは、飢饉や伝染病の蔓延といった最悪の状況下であったようだという。そしてその差を生むのは、成人期よりも幼少期にあることが発見された。逆境におかれたとき、女の赤ちゃんの方が生存率が高いのだという。

研究者らは、7つの集団において、およそ過去250年間にわたる、飢餓や病気、その他の不幸によって短命に終わった人の死亡率のデータを分析した。これらには、1800年代初期のトリニダードや米国の奴隷、18・19・20世紀にスウェーデンやアイルランド、ウクライナで起こった飢餓の犠牲者などが含まれている。

全体的にみると、男女ともに死亡率が非常に高かったときにも女性は男性よりも平均6か月〜約4年ほど長く生きていたという。年齢層ごとに結果を分析してみると、女性がより長く生きられる理由は、乳児死亡率の差にあることがわかった。女の赤ちゃんは男の赤ちゃんより丈夫なのだ。

今回の結果は、寿命の男女差が性別による行動の違いだけでは説明しきれないことを示唆している。その代り、危機の際の女性の強みは、遺伝学上のものやホルモンに起因している可能性があるという。エストロゲンはたとえば、感染症に対する体の免疫防衛を強化させることが示されている。

「私たちの研究結果は、非常時における性の違いというパズルにひとつのピースを加えるものです」と研究者は話している。

出典は『国立科学アカデミー論文集』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  初潮の時期の早さは、心疾患と脳卒中のリスク増加と関連  
  6ヶ月以上の授乳は糖尿病リスクを低下させる?!  
  顔エクササイズで若見え、世界初の研究  
  胎盤摂取の利点はほとんどない  
  ビタミンDは補助生殖治療を受ける女性の成功率に関係  
  ゲニステインは受胎能に悪影響を及ぼす可能性がある?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報