リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  骨粗鬆症に負けない運動プログラム
2017.10.11 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

1回30分のトレーニング・プログラムを週2回行うことで、骨量が低下した高齢女性の機能的パフォーマンスを高め、骨の状態も改善できるうえ、心配される副作用のリスクもないとのこと。豪グリフィス大学の研究。

運動は骨の健康にとって有益であることはわかっているが、骨量の低下した高齢女性においては、骨折やその他損傷のリスクを考慮すると、高強度の運動プログラムを用いるのはためらわれる。

しかしこのほど発表された研究では、骨密度の低い閉経後女性において、週に2回、各30分の高強度レジスタンス・インパクト・トレーニングを行うことで、機能性パフォーマンスと骨の密度、構造、強度を改善し、有害反応が起きることもないことが明らかになった。

この結果は、今回のようなタイプの精密に管理された運動トレーニングの介入が骨に効果的かつ安全であることを示した。かなり骨量が低下した女性に対しても効果があったとのことで、研究者らは非常に喜びを感じているという。

「機能的なパフォーマンスが同時に改善されることは、私たちの運動プログラムが、転倒を防止することによって骨粗鬆症による骨折から二重に保護することを示唆しています」と責任著者のベック医師は話している。

出典は『骨及びミネラル研究雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  心臓の健康の改善は、フレイルを防止?!  
  質の良い食事が脳の萎縮を予防する?!  
  地中海型食生活は本当に加齢を食い止めるのか?  
  骨折予防とビタミンD、カルシウム  
  日々の活動が高齢者の脳の大きさに関連する?  
  カロリー制限はネズミキツネザルの寿命を延ばす  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報