リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  ダイエット中に休息期間を設けると減量に効果的?!
2017.9.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

連続的なダイエットを避け、ダイエット中に休息期間を設けることは、減量と減量後の体重維持の鍵となるかもしれない、というタスマニア大学等からの報告。

研究では、対象者を2群にわけ、16週間、食事(体重維持必要量の1/3減に相当する量)を摂取させた。

1つの群(連続的な食事群)は16週間連続的に食事(体重維持必要量の1/3減)を維持した。もう一方の群(断続的な食事群)は、2週間、食事(体重維持必要量の1/3減)を維持し、その後2週間、食事を中断し、体重維持を保つ分のみの摂取をした。このサイクルを合計30週間繰り返すことで、16週間分のダイエットを行なった。

結果は、断続的な食事群では、より多くの体重が減少しただけでなく、試験終了後も、体重増加がより少なかったという。ダイエット終了後6ヵ月、断続的な食事群は、連続的な食事群より、平均8kg以上の体重減少を維持した。

エネルギー制限に「休息期間」を取り入れることは、代償的な代謝反応を減らし、減量の効率を向上させる可能性があると締めくくられている。

出典は『国際肥満学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  低脂肪・未加工の赤肉が豊富な地中海型の食生活は心臓病リスクを改善  
  クルミは腸内微生物に影響を与え健康を改善するかも?!  
  脂肪+炭水化物食品は各々が単独の食品より満足度が高い  
  小腸内の細菌が脂肪吸収に重要  
  FDAの減塩政策は有効かもしれない  
  グルコースが脂肪になることについての新知見  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報