リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  長寿の準備:フレイルは遅らせることができる
2017.8.17 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

筋力や活動の低下は、加齢で避けられないものとされることが多いが、ほとんどの人が考えるよりも予防できる可能性があるようだ、というポーランド、オポーレ大学からの研究報告。

本レビューでは、加齢に伴う虚弱(フレイル)は、肥満、糖尿病、心血管疾患と同様に、治療や予防が可能な健康問題であることが強調されている。

研究チームは、最近の論文において、この健康問題が深刻化していることに対する認識を高める目的で、虚弱についての認識、治療、予防に関する100以上の公表文献をレビューした。

虚弱は、加齢の回避できないと多くの人々が考えている様々な症状、疲労、筋力低下、より緩慢な動作、意図しない体重減少などを含んでいる。虚弱はまた、孤独、うつ病、思考の乱れなどの精神症状や認知症状として、より早期では迅速かつはっきりと現れる。

これらの症状は患者の充足感を低下させ、虚弱な患者は、転倒、障害、感染、入院などの可能性が高くなり、これらすべてが早期死亡の原因となる。しかし、このレビューでは、前虚弱の状態、虚弱の早期発見と治療は、多くの高齢者がより健康的な生活を送るのに役立つことを強調している。

このレビューでは、虚弱の蔓延や影響は、少なくとも部分的には、いくつかの直接的な対策で軽減できるという十分なエビデンスを示している。当然ながら、年齢に合った運動は、高齢者の健康を維持する最も効果的な介入の1つであることも示している。栄養不良は、しばしば虚弱につながるが、高齢の患者が栄養不良にかかっていないことを保証するためには、体重や食生活を注意して管理することも重要であるという。

社会化は、虚弱の認知的症状および精神的症状を回避するもう一つの重要な側面である。孤独や目的を失うことは、高齢者を無気力にする。現在の社会プログラムは、身体的欲求だけでなく、心理的および社会的な欲求に、徹底的に取り組むことで改善できるだろう。

このような介入が世界人口の高齢化にどれくらいの恩恵をもたらすか明らかではないが、このレビューでは、人々の意識を高めることが重要な第一歩であることを示唆している。そして、医師と患者が虚弱は予防可能な状態であると認識を改めることが、虚弱の回避または遅延につながる、と考えている。

出典は『生理学の最前線』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  重度の飲酒と喫煙は目に見える老化の徴候を促進する  
  どんな運動でも高齢者の心血管系疾患リスクに有効  
  毎日外出することは高齢者の長生きに役立ちます  
  スーヴェネイドが手遅れになる前にアルツハイマー病を押し留める?  
  会話ゲームが先進ケア計画への参加につながる  
  成人期のより良い食事は、高齢期の体力を改善する?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報