リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  母親が妊娠中の食生活の不良さは、幼児期の食事で逆転可能?!
2017.3.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

若年期に食べるものは、その後の長期的な行動や学習に変容をもたらす可能性があるようだ、というペンシルベニア大学からの報告。妊娠中に影響を受けた多くは取り戻せないといわれているが、必ずしもそうではないかもしれないという。

研究者では、雌マウスを用い、4群に分けた。1群は、親が妊娠中、授乳中に、コントロール食を与えられた。2群は、親が妊娠中、授乳中に、高脂肪食を与えられた。3群の子供は、若年期に、栄養豊富な食事を与えられた。4群は、親が高脂肪食を与えられ、その子供は若年期に栄養豊富な食事を与えられた。マウスは、成人期、同様の調整食を与えられた。学習とモチベーションの調査には、オペラント行動箱を使用した。

結果は、若年期に栄養豊富な食事を与えられた者は、より早く学び、砂糖の報酬を得るにあたり、より多く動機付けされた。さらに、妊娠中の高脂肪食による不利益を、若年期の栄養豊富な食事により取り戻したという。

出典は『米国実験生物学連合雑誌』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンDとカルシウムでは高齢女性のがんリスクは低下しない?  
  妊娠直前の女性は食事のバランスがとれていない  
  妊娠前のBMIは妊娠中の過度の体重増加に関連?!  
  過体重の者で体重を減らそうとしている割合が減少している  
  青年期、若年成人期の炎症性の高い食事は、閉経前乳がんのリスク増加に関連?!  
  大豆製品摂取は乳がん患者の長期生存に関連?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報