リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  「金儲け力」は胎児期に発達!?
2017.2.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

お金儲けの能力は、胎児のときに子宮内で受けた男性ホルモンの量と関係しているかも?このホルモンの量は、生まれた子の人差し指と薬指の長さの比率に表れるとされ、薬指の方がより長めの人ほど収入が高い傾向があるとわかったという。ロシア国立高等経済学院の研究。

先行研究において、多くの技能や成功が「2D/4D比」に関連していることが認められている。2D/4D比とは、人差し指と薬指の長さの比率であるが、これは周産期に胎児が母体から受けるテストステロンのレベルに影響を受け、レベルが高いほど薬指の方が長めになると考えられている。

今回の研究は、周産期の妊婦のテストステロン(男性ホルモン)レベルと、胎児がその後の人生で得る所得とがどう関係しているかを調べたものだ。対象としたのは、ロシアに住む25-60歳の男性約700人と女性約900人。指の長さの計測及び収入についての質問を行い、回帰分析を行った。

その結果、女性において2D/4D比と収入の間に負の相関が示されたという。つまり、収入が多い人ほど比率が低い(薬指のほうがより長い)ということだ。これは、収入に影響を与える因子(性別や年齢、学歴、肩書、経済階層など)を考慮しても変わらなかったという。興味深いことに、この相関は男性においては学歴を考慮したときのみ認められたとのことだ。

出典は『経済学と人類生物学』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  青年期の体重が直腸結腸がんリスクに影響  
  小児に対する栄養アドバイスは親の食事も改善させる?!  
  妊娠前の肥満・痩せ傾向は、男児の問題行動と関連?!  
  妊娠中のビタミンD不足は、子供の発達に有害?!  
  10代後半は骨の成長に重要  
  妊娠中の糖類の摂取は、小児のアレルギーと関連  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報