リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  希釈したりんごジュースは、子供の軽度の脱水症状に有効
2016.5.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

軽度の胃腸炎と軽度の脱水症状がある子供は、水分補給のために、希釈したりんごジュースを与えると、りんご風味の電解質維持液を与えるよりも、点滴による水分補給や入院などの治療に至ることが少なくなった、というカナダ・カルガリー大学からの研究報告。

胃腸炎は、一般的な小児疾患である。電解質維持液は、脱水症状の治療や予防のために推奨されるが、比較的高価であり、味もよくない。軽度の脱水症状がある子供に対して効果があるかどうかは確認されていない。スティーブン・フリードマン博士らは、胃腸炎と軽度の脱水のある子供を、色を一致させた希釈したりんごジュース/好ましい飲み物を与える群(n=323)、あるいは、りんご風味の電解質維持液(n = 324)を与える群に、無作為に割り当てた。参加した子供の年齢は、6〜60ヶ月であった。下痢がはじまった後、希釈したりんごジュース/好ましい飲み物群は、好きなだけ飲み物を与えられた。電解質維持液群は、失われた水分を電解質維持液で補給した。

この調査での主要転帰は、患者として登録後7日以内に、以下のいずれかの事象が生じることと定義される“治療の失敗”の組合せである。その事象は、点滴による水分補給、入院、後に予定外に医師の診察を受けること、長引く症状、重症化、3%以上の体重減少または大幅な脱水とした。

無作為に2群に割り当てた子供647人(平均年齢28ヶ月、脱水症状がない子供68%)のうち、644人に対して追跡調査を完了した。希釈したりんごジュースを与えた子供は、電解質維持液を与えられた子供よりも、“治療の失敗”に至ることが少なかった(17%対25%)。りんごジュース/好ましい飲み物を与えた子供のほうが、点滴による水分補給を受ける割合が少なかった(2.5%対9%)。入院率と下痢や嘔吐の頻度は、群間で有意差はなかった。

著者らは、これらの結果は、下痢がはじまるときに、通常は投与することが推奨されている電解質維持液にも代るものと記している。これは、参加者グループが、電解質維持液を利用するための指示、あるいは電解質維持液の処方箋と指示を無料で与えられた非盲検試験に主に基づいている。「この調査結果は、比較的大規模かつ多様な集団からのものであり、地方の登録で確認され、胃腸炎の合併症がまれになった時代に行われたので、予定外の来院のときに、水分補給に選択とするときの効果をより正確に反映していると考えられる。」

「多くの高所得国では、希釈したりんごジュース、好ましい飲み物を適切に与えることが、軽度の胃腸炎や軽度の脱水がある子供には、電解質維持液に代わる有効な方法かもしれない。」

出典は『米国医学会誌(JAMA)』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  球技とサーキットストレングストレーニングで生徒の骨の健康を改善  
  多くの両親は、子供のBMIカテゴリーを正確に認識していない  
  成人期の健康な肺に関連する小児期のフィットネス  
  幼児期の貧しい栄養が難聴につながる  
  学校での肥満防止プログラムは子供の肥満を止めない?!  
  屋外学習がもたらす効果  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報