リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  カモミールティーは女性の死亡リスクを減らす
2015.6.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

65歳以上のメキシコ系米国人女性において、カモミールティーを飲むことは、総死亡リスクの減少に関連したという、米国テキサス大学医学分野からの研究報告。

カモミールは、世界で、最も古く、最も広く使われていて、十分に裏付けされている薬用植物のひとつである。そして、様々なヒーリングにおいて推奨されてきた。現在でも、メキシコ人やメキシコ系米国人の間ではハーブ療法として広く使われている。

研究者らは、高齢のメキシコ系米国人において、死因におけるカモミールティの影響を7年間追跡した。研究者らは、テキサスを含む米国南西部諸州在住の65歳以上のメキシコ系米国人を対象としたコホートから集めた1,677人の男女のデータを分析した。

対象者の14%は、カモミールティを飲んでいた。カモミールティを摂取する女性は、摂取しない女性に比べて、人口統計学、健康状況、健康行動で調整した後でさえ、総死亡リスクが29%低いことが明らかになったという。男性ではこの関係は認められなかった。

「女性のほうが男性よりカモミールティの利用頻度が高かった理由は明らかではない」とホーレイ准教授は語る。「この差異は、女性は、家族の健康を含む家庭の日々の活動を管理するという、伝統的な性別役割によるのかもしれない。そして、ハーブのような民間療法をより頼りにすることも反映しているのかもしれない。」

カモミール使用が、死亡率の減少にどのように関連するのかは、不明である。カモミールについての最近の研究は、高血糖、胃の調子が悪い、糖尿病合併症、不安障害における潜在的有益性を示している。

カモミールは、コレステロール低下性、抗酸化性、抗菌性、抗炎症性、抗血小板凝集性等の効果があるといわれている。死亡率減少の正確なメカニズムの解明は今後の研究課題であるという。

出典は『老年内科医』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  長寿の準備:フレイルは遅らせることができる  
  アルツハイマー病予防のための個別化アプローチ  
  中年期の心血管リスク因子が認知症の可能性を高めるかも  
  認知症の3分の1は予防可能:非医療的アプローチが理想  
  高齢者の健康と福祉を包括的に評価する新たな指標  
  高齢者の筋肉を若返らせる補助剤  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報