リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[休養]  睡眠不足は脂質摂取量を増やす
2015.2.26 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

専門家は長年にわたって不十分な睡眠が体重増加につながることを警告してきた。米国ペンシルバニア州立大学の研究チームは、我々が夜間のトータルの睡眠時間が不足しているときにより多くの食品を食べるだけでなく、脂質をより多く食べ炭水化物を少なくし、それは脂質の摂取を増やす脳内の顕著性ネットワークの活動の結果であることを明らかにした。

この分野の研究の多くは、体重増加を導く代謝性ホルモンの変化に焦点を当てている。それ以外の脳内の変化の研究はまだやっと始まったばかりだという。

「我々は領域的な脳機能の変化が睡眠不足後の摂食行動の変化に与える影響の大きさについて知りたいと考えた」と主任研究者のヘンギ・ラオ博士は語っている。「本研究は、シフト労働に従事する約1500万人の米国人のためのものといえる。」

研究チームは、34名の睡眠不足の参加者と12名の対照者を対象に、5日間の睡眠不足実験によって人工的に睡眠不足を起こした場合の、脳内機能を機能的MRIで測定し、同時に三大栄養素の摂取については実際の摂食を観察した。

その結果、睡眠不足の参加者は、夜間起きているときに1日平均1,000kcalのカロリーを摂取したが、睡眠不足の翌日の昼間のカロリー摂取は対照群と変わらなかったという。けれども、三大栄養素の摂取量を比較したところ、健康な成人は寝不足の翌日昼間により多くのカロリーを脂質から、より少ないカロリーを炭水化物から摂取していた。

研究チームはまた、睡眠不足の参加者は顕著性ネットワークと呼ばれる脳内の連結性が増加することを発見したという。これは様々な脳機能に関わる幾つかのカギとなる脳内ネットワークのひとつである。このネットワークの連結性と脂質からのカロリー摂取量には正の相関が見られ、炭水化物からのカロリー摂取量には負の相関がみられた。

「我々は本研究が脳内ネットワークの連結性と実際の三大栄養素の摂取割合と睡眠不足について検討した初めての研究であると考えている」とラオ博士は語っている。「自己申告で空腹レベルを調べた類似の研究はあるが、本研究は実際の睡眠不足の効果を検証しており、今日の社会で頻繁に見られる慢性的な部分的睡眠制限においても類似の変化が起こることが考えられる。」

出典は『サイエンティフィックレポート』。 (論文要旨)      
 「休養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  睡眠時間は糖質摂取量に影響する   
  睡眠時間が8時間未満の人はうつ、不安の傾向が高まる  
  魚を摂取すると睡眠やIQスコアが良くなるかも  
  モンモランシージュースは睡眠時間を84分延ばした  
  夜食は心疾患や糖尿病のリスクを増加させるかも  
  夜勤で肥満リスクが増加  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報