リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  アルツハイマーの症状から守ってくれるタンパク質の発見
2015.2.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

延命タンパク質であるクロトーのレベルを上げると、アルツハイマー病となったマウスの認知機能が改善され、学習・記憶障害から守ることができるようだ。グラッドストーン研究所とカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)による研究。

驚くべきことに、アミロイドβやタウなどの脳内のアルツハイマー病による毒素が蓄積していても、認知能力の上昇が起こったという。

クロトーは加齢とともに自然に減少し、それにより認知能力も低下する。研究チームによる以前の研究で、クロトーレベルを増加させる遺伝子変異があると、正常で健康な人において認知力が良くなり、マウスにおいて実験的にクロトーを上昇させても、学習・記憶能力が増強されることが明らかとなった。しかし、アルツハイマー病のような加齢に関連する認知障害がある人に対するクロトーの影響は不明であった。

クロトーの予防効果を検証するために、研究チームは体全体でこのタンパク質を高レベルで生成するアルツハイマー病マウスモデルを作成した。通常アルツハイマーモデルマウスは、認知障害・異常な脳活動・早死にとなるが、クロトーレベルを上げるとこうした問題が改善された。タンパク質の認知機能増強効果は、アルツハイマー病による毒素の影響を打ち消すほど強力であった。

UCSFのディーナ・デュバル助教は「健康なマウスを賢くするだけでなく、脳にアルツハイマーによる毒素に対する耐性をつけることができる。この複雑な疾患自体をターゲットにすることはできないが、回復力を強め、脳機能を高めることができる」と述べている。

おそらくクロトーの効果は、学習と記憶に非常に関与しているNMDAと呼ばれる脳内の神経伝達物質受容体に対する効果によるものと考えられる。アルツハイマー病はNMDA受容体を阻害するが、クロトーが上昇したマウスの受容体レベルは正常なままであった。さらに、これらのマウスは、対照マウスよりもNMDAのサブユニットであるGluN2Bが多かった。この増加がクロトーの保護効果の原因であり、脳のアルツハイマー病による毒性の有害な影響を打ち消している可能性がある。
今後研究チームは、クロトーレベルを上げるか、クロトーが脳に与える影響を模倣することができるような薬を特定し、テストを行う予定である。

出典は『神経科学雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  赤肉の摂取は非アルコール性脂肪肝疾患のリスクを高める?  
  1日3杯のコーヒー摂取は安全で保護的作用がある?!  
  人工甘味料スクラロースはクローン病を悪化させる?  
  前糖尿病患者は心血管疾患および慢性腎疾患のリスクが高い  
  オメガ-3系脂肪酸はドライアイに有効でない  
  飲み過ぎの隠れた健康コスト  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
サイト内検索


自分で探してみよう
世界の健康関連情報・機関
ニュース一覧
最新健康食品文献リスト
リンク
健康・栄養フォーラム
えいようこみゅーん
スポーツ研究フォーラム
ダイエットエンパワメント
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康づくりのための
  「食育」取組データベース
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
日本人の食事摂取基準
「健康食品」の
  安全性・有効性情報
特別用途食品・栄養療法
  エビデンス情報