リンクDEダイエット 栄養のひろば


食事 スポーツ栄養  栄養調査 研究紹介 健康食品

成人期の健康な肺に関連する小児期のフィットネス (* 原文はこちら *)

2018.2.15  EurekAlertより

フィットネスレベルの高い子どもで幼年期から成年期までを通じてフィットネスが増進するようなヒトは肺機能がその他の若年成人に比べてより良い傾向にあるようだ、というニュージーランド・オタゴ大学の研究者らによる報告。

成人前期で肺機能が良好であることは慢性的な肺疾患を後に罹患するリスクが低下する。だが現在までのところ、幼年期を通じたフィットネスレベルが成人してからの肺機能にどのような影響をもたらすのかについての根拠はほとんど蓄積されていないのが現状である。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)のような慢性的肺疾患は、世界的規模で見た場合に健康を悪化させている主要な原因であり、また高齢化に伴ってその状態も今後より悪化することが想定される。本研究は、子ども時代をフィットネス高く過ごすことによって将来的な肺疾患リスクを低下できる可能性を示唆する、初期の根拠となるものだ。

身体活動とフィットネスレベル、肺機能の成長というのは複雑な問題であり、これまで理解が成されてきたとは言いがたい。さらに研究対象とすることも、長期間の追跡を子どもたちに行うという事は費用もかかり期間も時間もかかることであり、非常に難しいというのが現実なのだ。本研究では、子どもで身体的フィットネスの高いものは若年成人になってからも肺機能が良好であるまま推移することが明らかになっている。これによって、慢性肺疾患を後に発症するリスクは低下する可能性があると研究者らは考えているのだ。

研究ではトータルで2,406人の子どもが検討された。ニュージーランド・ダニーデンの子どもたち1,037人、デンマーク・オーデンセの子どもたち1,369人である。これら2群の子どもたちのフィットネスレベルと肺機能が客観的手法を用いて幼年期、思春期、若年成人期の3段階で計測されたのだ。

オーデンセ群では、有酸素性フィットネスが9歳、15歳、21歳、29歳の時点で、ステーショナリーバイクを用いて疲労困憊に至るまでの時間が計測された。ダニーデン群は同様にバイクテストを15歳、26歳、32歳、38歳の時点で実施し、運動による心拍性応答を測定して推定フィットネスレベルを測定した。両群ともに、肺機能テストが同じ年齢の時に行われている。

結果、フィットネスレベルの高い子どもは肺機能が良好であり、子ども時代のフィットネスレベルの亢進が進めば進むほど、成人してからの肺機能もより高い状態まで到達している傾向が明らかになった。この肺機能とフィットネスレベルの関連性は、身長や体重、ぜん息などの有無、喫煙習慣の有無を計算に入れても同じように存在していた。また、その影響は男子において、女子よりもより強い影響が見られたのだ。

このような肺機能とフィットネスレベルの関連性についてその詳細な機序が明らかになっているわけではないのだが、一つの説明付けとしては、フィットネスレベルの高い人々はより呼吸筋機能が、その他の筋力同様に強い可能性があるということである。

2群でのこの研究は現在も進行中であり、研究者らはこれらの対象者らが年齢をさらに重ねていった後でのフィットネスレベルと肺機能の関連性についてのデータを収集していくことを希望している。これによって、子どもの頃のフィットネスレベルの高さが肺機能にあたえた影響が持続するのかどうか、またフィットネスが実際に肺疾患に対する予防効果を持ちうるかどうかについて検討する事ができる様になる。

もしも、子どもの頃のフィットネスレベル改善による肺機能の向上が成人になっても持続するということであれば、フィットネスレベルを改善したり維持したりすることが慢性肺疾患の削減に重要な役割を果たすと解釈する事ができるのだ。

当面のところ、本研究の知見は、現在いる子どもたちが身体活動性を高めフィットネスレベルを亢進させることを推奨するべき新たな根拠となるものである。運動とフィットネスレベルが身体に良い健康効果をもたらし、この事が肺機能のみならず健康のその他の側面にも良い影響を与えているのである。また、子どもの肺の成長ということで考えるなら、間接喫煙を避けることや健康的な食習慣を維持することと同様に、定期的な運動、とりわけ空気のきれいなところでの運動は、肺の最適化された成長にも関わることであるのだ。

より肺機能が良ければ、より後年になってからの肺疾患予防が期待できる。この事は子ども時代から成年期を通じた定期的なスポーツ活動がでより高い肺機能を持続させることが、後年になるまでの「肺の保険」のような役割をになっているとも言えるかも知れない、と研究者はまとめている。

出典は『欧州呼吸器雑誌


■関連ニュース

 ●米国人は毎日ほぼ1ポンドの食糧を浪費する 2018.6.25  EurekAlertより

 ●子供たちがジャンクフードCMに曝されている 2018.6.25  EurekAlertより

 ●植物ベースの食事は、糖尿病患者の心血管代謝リスク要因を改善!? 2018.6.25  EurekAlertより

 ●加糖飲料よりも甘いお菓子に課税する方が健康に有益? 2018.6.22  EurekAlertより

 ●健康リテラシーと心臓血管疾患との関連性は? 2018.6.21  EurekAlertより

 ●平均生涯飲酒量とがんおよび死亡のリスク 2018.6.20  EurekAlertより

 ●大規模疫学研究の結果に疑問符!? 2018.6.20  EurekAlertより

 ●がん、慢性疾患につながる悪い習慣は、単純な介入で改善できるかも 2018.6.20  EurekAlertより

 ●低脂肪食は乳がん患者の全体的な生存率を高める? 2018.6.20  EurekAlertより

 ●代謝的に「健康な」肥満は依然として心血管疾患の高いリスクに関連 2018.6.20  EurekAlertより

 ●低脂肪・未加工の赤肉が豊富な地中海型の食生活は心臓病リスクを改善 2018.6.19  EurekAlertより

 ●クルミは腸内微生物に影響を与え健康を改善するかも?! 2018.6.19  EurekAlertより

 ●食中毒はレストランに巨額の出費を強いる 2018.6.19  EurekAlertより

 ●なぜお酒とケトジェニック食で喉が渇くのか? 2018.6.19  EurekAlertより

 ●脂肪+炭水化物食品は各々が単独の食品より満足度が高い 2018.6.18  EurekAlertより

 ●ビタミンDが高い女児は強い筋肉を持っている? 2018.6.18  EurekAlertより

 ●健康的な食生活のためにはBGMの音量を下げるべし?! 2018.6.15  EurekAlertより

 ●ケトジェニック食でがん治療!? 2018.6.15  EurekAlertより

 ●母体の脂肪酸バランスは、腸内細菌を通じて子供の肥満に影響する 2018.6.14  EurekAlertより

 ●カフェイン感受性の3つの主要なグループを示す新しいレポート 2018.6.14  EurekAlertより

 ●ビタミンDは栄養不良児の体重増加と脳の発達を改善 2018.6.13  EurekAlertより

 ●魚油とカメリア油はHDLとIDLコレステロールに有益 2018.6.13  EurekAlertより

 ●ナッツの定期的な摂取は心房細動リスクを低下 2018.6.13  EurekAlertより

 ●脚の運動は、脳や神経系の健康に重要 2018.6.12  EurekAlertより

 ●糖質は頭頸部がんの再発リスクを高める? 2018.6.12  EurekAlertより

 ●夜のフクロウは早死リスクが高い 2018.6.12  EurekAlertより

 ●小腸内の細菌が脂肪吸収に重要 2018.6.12  EurekAlertより

 ●高地でのカロリー摂取と筋肉量 2018.6.11  EurekAlertより

 ●女性のための推薦状は疑われる可能性が高い 2018.6.11  EurekAlertより

 ●五感を使った食育は子供を野菜好きに 2018.6.6  EurekAlertより

リンクDEダイエットアーカイブ
健康栄養サイト検索
 生活習慣病高血圧肥満
高脂血症糖尿病痛風
母乳栄養未熟児


解説論文集

運動はDNA損傷を惹起するか?

高脂肪食とインスリン抵抗性  [PDF版はこちら]

活性酸素・フリーラジカルの消去と日本型食生活

高コレステロール血症の改善、虚血性心疾患および糖尿病の予防のための食物繊維の適正摂取量  [PDF版はこちら]

良好なビタミンE栄養状態の保持のためには魚油カプセル中にどの位の量のビタミンEが必要か  [PDF版はこちら]

高校生女子における減量行動と背景因子に関する研究

生体における無機質の生理学的および病態生理学的特性

栄養学研究におけるWWWの有用性について(99年版)

先進諸国におけるITを用いた学習方法の検討

体脂肪計   [PDF版はこちら]

リウマチ熱と栄養 −発展途上国におけるリウマチ性心疾患の制圧のために− /

リンクDEダイエット


  (C)All Copyrights reserved 1998-2003 National Institute of Health and Nutrition