リンクDEダイエット 栄養のひろば


食事 スポーツ栄養  栄養調査 研究紹介 健康食品

立っているだけで体重が減らせます (* 原文はこちら *)

2018.2.14  EurekAlertより

座る代わりに、1日6時間立っているだけで体重増加を抑制でき、実際に減量することすらできるという研究。メイヨ・クリニックの研究者らが報告している。

座業中心時間が長くなることと肥満流行は関連していて、心疾患や糖尿病も無関係では無い。欧州では成人が平均7時間を座業中心で生活していると考えられており、身体活動性の高い人であっても座って過ごす時間が一番多いのだという。

本研究では、立位姿勢が座位姿勢よりも実際に消費カロリー量が多いかどうかについて46の研究、延べ1,184人のデータをもとに分析されている。対象者は平均で33歳であり、60%が男性、平均的なBMIは24,平均体重は65kgであった。

結果、立位姿勢で過ごすことは1時間あたり0.15kcal座位姿勢よりも消費カロリーが多いことがわかったのだ。1日の座業中心時間を6時間として、65kgの人がこの6時間を立位に変えることで、54kcal余分に消費できる計算になる。すなわち、食事摂取量が変わらないと仮定すれば、1年で2.5kg、4年で10kgの減量が可能になるのである。

立位で過ごすことはカロリー消費を促すのみならず、筋群の動員を増加させ、これによって心臓発作や脳卒中、糖尿病などの関連することが想定される疾患のリスクを低下させる可能性がある。そのため、立位による利益は体重コントロールに留まらないといい得るのだ。

エネルギー消費と立位及び座位姿勢の間の関連性は研究結果が表している以上に強いものである。対象者は立位で静止して生活しているという前提であるが、実際の現場では動き回っているのが普通だからだ。突発的な動きに対応したりするような動作が日常的には起こってくるはずなので、単に立っているだけを前提としたデータは立位の効果を過小評価している可能性があるのである。

研究者らは、長期的な体重増加リスクを低下させるのに役立ちうる行動変化手段として座業を立位に置き換えることの可能性を示唆しているものの、今後さらなる検討が必要であることもまた認めている。この様な行動変容が現実的な戦略かどうか、また長期間の変更が可能かどうかについても研究者らは今後検討していきたいとしている。

座業中心性時間の延長を避けて行くことは重要な生活習慣変更になり得るのだ。動き回らずとも、単に立ち上がることは健康への大きな一歩になるのである。

出典は『欧州予防的心臓病学雑誌


■関連ニュース

 ●米国人は毎日ほぼ1ポンドの食糧を浪費する 2018.6.25  EurekAlertより

 ●子供たちがジャンクフードCMに曝されている 2018.6.25  EurekAlertより

 ●植物ベースの食事は、糖尿病患者の心血管代謝リスク要因を改善!? 2018.6.25  EurekAlertより

 ●加糖飲料よりも甘いお菓子に課税する方が健康に有益? 2018.6.22  EurekAlertより

 ●健康リテラシーと心臓血管疾患との関連性は? 2018.6.21  EurekAlertより

 ●平均生涯飲酒量とがんおよび死亡のリスク 2018.6.20  EurekAlertより

 ●大規模疫学研究の結果に疑問符!? 2018.6.20  EurekAlertより

 ●がん、慢性疾患につながる悪い習慣は、単純な介入で改善できるかも 2018.6.20  EurekAlertより

 ●低脂肪食は乳がん患者の全体的な生存率を高める? 2018.6.20  EurekAlertより

 ●代謝的に「健康な」肥満は依然として心血管疾患の高いリスクに関連 2018.6.20  EurekAlertより

 ●低脂肪・未加工の赤肉が豊富な地中海型の食生活は心臓病リスクを改善 2018.6.19  EurekAlertより

 ●クルミは腸内微生物に影響を与え健康を改善するかも?! 2018.6.19  EurekAlertより

 ●食中毒はレストランに巨額の出費を強いる 2018.6.19  EurekAlertより

 ●なぜお酒とケトジェニック食で喉が渇くのか? 2018.6.19  EurekAlertより

 ●脂肪+炭水化物食品は各々が単独の食品より満足度が高い 2018.6.18  EurekAlertより

 ●ビタミンDが高い女児は強い筋肉を持っている? 2018.6.18  EurekAlertより

 ●健康的な食生活のためにはBGMの音量を下げるべし?! 2018.6.15  EurekAlertより

 ●ケトジェニック食でがん治療!? 2018.6.15  EurekAlertより

 ●母体の脂肪酸バランスは、腸内細菌を通じて子供の肥満に影響する 2018.6.14  EurekAlertより

 ●カフェイン感受性の3つの主要なグループを示す新しいレポート 2018.6.14  EurekAlertより

 ●ビタミンDは栄養不良児の体重増加と脳の発達を改善 2018.6.13  EurekAlertより

 ●魚油とカメリア油はHDLとIDLコレステロールに有益 2018.6.13  EurekAlertより

 ●ナッツの定期的な摂取は心房細動リスクを低下 2018.6.13  EurekAlertより

 ●脚の運動は、脳や神経系の健康に重要 2018.6.12  EurekAlertより

 ●糖質は頭頸部がんの再発リスクを高める? 2018.6.12  EurekAlertより

 ●夜のフクロウは早死リスクが高い 2018.6.12  EurekAlertより

 ●小腸内の細菌が脂肪吸収に重要 2018.6.12  EurekAlertより

 ●高地でのカロリー摂取と筋肉量 2018.6.11  EurekAlertより

 ●女性のための推薦状は疑われる可能性が高い 2018.6.11  EurekAlertより

 ●五感を使った食育は子供を野菜好きに 2018.6.6  EurekAlertより

リンクDEダイエットアーカイブ
健康栄養サイト検索
 生活習慣病高血圧肥満
高脂血症糖尿病痛風
母乳栄養未熟児


解説論文集

運動はDNA損傷を惹起するか?

高脂肪食とインスリン抵抗性  [PDF版はこちら]

活性酸素・フリーラジカルの消去と日本型食生活

高コレステロール血症の改善、虚血性心疾患および糖尿病の予防のための食物繊維の適正摂取量  [PDF版はこちら]

良好なビタミンE栄養状態の保持のためには魚油カプセル中にどの位の量のビタミンEが必要か  [PDF版はこちら]

高校生女子における減量行動と背景因子に関する研究

生体における無機質の生理学的および病態生理学的特性

栄養学研究におけるWWWの有用性について(99年版)

先進諸国におけるITを用いた学習方法の検討

体脂肪計   [PDF版はこちら]

リウマチ熱と栄養 −発展途上国におけるリウマチ性心疾患の制圧のために− /

リンクDEダイエット


  (C)All Copyrights reserved 1998-2003 National Institute of Health and Nutrition